">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

【風の時代の仕事のヒント】


4.目の前の忙しさvs将来の逸失利益


 

企業の未来は「何に投資をするか?」で決まります。

「投資」というのは、何にお金や時間をかけるかということです。

「設備投資」「営業投資」「教育投資」「システム投資」「開発投資」などがありますが、何にどうお金や時間をかけるかが、企業の未来を創るわけです。

 

個人の将来も、何に時間やお金をかけるかでほぼ決まります。

企業で「投資」といった場合には、それは必ず「生産活動のために」お金や時間を投じるものでなければなりませんが、個人が「投資」する目的は、将来の豊かさのためです。

 

最大のリスクは、目の前の忙しさによって、将来得られる利益を失うことです。

「忙しくて勉強する暇がない…」

「時間がなくて本も読めない…」

「やろうと思っても仕事が立て込んで…」

このスパイラルに陥っている限り、忙しさから抜け出すことはできません。

長期的な視野で時間投資できる人だけが、上に抜けていきます。

 


 

2021/06/24

わかっていても、つい目の前のことに追われて大切なことを後回しにしてしまいますね。

何か一つだけ、将来のために時間を割いて取り組んでみる。

それだけでも、今日が少しだけ未来側にシフトします。

将来のために何をしますか?

 


株式会社リフレームでは、職場の「心理的安全性」を高める取り組みを支援しています。

お問い合わせは、i@reframe-vision.comまで

管理職経営者風の時代の仕事のヒント

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細