">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

成長するための仕事のルールその8

 

「何を手に入れるのかを先に決める」

 

仕事は忙しい時ほど頼まれます。

忙しい人ほど頼まれるというのもあります。

 

断りたくなる気持ちを抑えて引き受けた結果、

時間管理や上手に人に任せる方法、同時進行

でいくつもの仕事を進めるスキルなど、

何かが手に入ります。

 

何かが手に入るんですが、

「結果的にこんなことができるようになった」

というのと、最初から

「こういうことをできる人間になる」と決めて

やるのとでは、取り組み方が違います。

 

どっちがあるべき姿かと言えば、最初から

こう成長すると決めて取り組むほうです。

そのほうが、明確に成長度が高いです。

 

「何を手に入れるかをやる前に明確にする」

ということです。

 

その仕事で何を手に入れますか?

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその7

 

「すべて引き受ける」

 

頼まれた仕事はすべて引き受けましょう。

ポイントは単純に仕事を引き受けるのではなく、

仕事についている責任を引き受けることです。

 

部下に仕事を渡すときに、

「責任は俺が引き受けるからやってみろ」

は間違いで、責任まで全部渡すべきです。

 

正しくは、

「相談には乗るから最後まで責任を持って

やってみろ」です。

 

責任のない仕事に成長はありません。

 

「部下の仕事に責任を持つ」のではなく、

「部下の成長に責任を持つ」のが正解です。

 

責任って途中で投げ出さず最後まで逃げずに

面倒を見ることです。

 

会社が勝手に配属した部下であっても責任を

持って引き受けるのが「すべて引き受ける」の

意味です。

 

責任まで含めてすべて引き受けませんか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその6

 

他人のために仕事をする

 

仕事のベースは「人のために」です。

どうやったらもっと人の役に立てるのかを

仮説を立てて検証していくのが仕事です。

 

知識やスキルがなくても人の役に立てる

ことはたくさんあって、例えば荷物を持って

あげたり扉をあけてあげることも人の役に

立っています。

 

会社に勤めている場合、お客さんの役に立つ

ことはもちろん仕事ですが、社長や上司や

同僚や部下の役に立つことも立派な仕事です。

 

お客さんのためにするのは当たり前。

お客さん以外の人にも役立つ自分を創り上げ

ていくことで、成長のチャンスは倍増します。

 

上司のためにひと肌脱ぎませんか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその5

 

「成長しない姿勢を捨てる」

 

仕事を通して成長しようと思ったら、

成長しない姿勢を知り、反対の行動を

取ればいいわけです。

 

成長しない姿勢とは、

 

・他人のせいにする

・環境のせいにする

・思い込みだけで行動する

・よく考えないで行動する

・謙遜しているフリをして能力を出さない

・「自分なんてどうせ・・・」と思っている

・行動しない理由を探す

・できない言い訳で自分を守る

・先にできなかった時の言い訳をしておく

・他人の批判に時間を費やす

・愚痴や文句ばかり言って行動しない

・知らないフリをする

・知ったかぶりをする

・・・・・

 

これの逆を行けば成長度が上がるわけです。

 

成長するかどうかは仕事の側にあるのでは

なく、常に自分の姿勢の側にあります。

 

成長しない姿勢を捨てよう!

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその4

 

「はっきりさせる」

 

曖昧なことが多ければ多いほど、

仕事で成果を上げられなくなります。

 

成果を上げられなければ成長はありません。

 

だからこそ、一つ一つ明確にしていく。

 

最も明確にしなければならないのは、

仕事に対する自分の姿勢です。

 

中途半端なやらされ感でやっている仕事で

まともな成果を上げることなどできません。

つまり成長もありません。

 

納得できない仕事を上司から言い渡される

こともありでしょう。そのまま曖昧な姿勢で

仕事に臨んでは成果は上がりません。

 

自分の態度をはっきりさせてから仕事に臨む。

どうせやるなら100%全責任を自分が負って

臨むべきですよね?

 

すべての仕事に100%で取り組んでますか?

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその3

 

どうやったら上昇するのか?

 

前進は延長線上で前に進むこと、

上昇は活動しているレイヤーが変わること。

 

どちらも成長には欠かせないことですが、

「どうやったら起こるか?」が異なります。

 

前進は、技術や品質を高める、効率化する、

上達することなので、トレーニングです。

 

上昇は、これまで気づかなかった新基軸を

受け入れることで起こります。

新基軸を受け入れるということは、過去の

基軸を捨てることです。

 

例えるなら、

「絶対コイツとは仲良くなれない!」

と心底思う相手に自分が心と行動を変えて

仲良くなるときに起こる変化です。

 

新しい視点・思考・行動に刷新するために、

受け入れ難いことを受け入れてみませんか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその2

 

「前進と上昇を区別する」

 

前進とは、

・できなかったことができるようになる

・技術的・品質的に熟達する

・より高い評価を受けられるようになる

 

といったことです。

 

上昇とは、

・物事の見方・受け止め方が変わる

・それによって行動や性格が変わる

・その結果、問題や課題の質が変わる

 

どちらも必要なことですが、前進すること

を成長と言い換えていたら本当の成長は

ありません。

 

そうは思いませんか?

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

...

成長するための仕事のルールその1

 

「成長するために仕事をする」と決める。

当然ですが、これが大原則です。

 

成長しない人は、

・お金のために仕事をする。

・生活のために仕事をする。

・家族のために仕事をする。

・〇〇のために仕事をする。

など、成長以外の目的で仕事をしています。

 

明確に、成長するために仕事をすると決めて

から取り組みませんか?

 

すべての仕事が意味のある展開になって

より成長度の高い環境が手に入ります。

そのほうが他のことのために仕事をする

よりも絶対にたのしい!

 

今日から「成長するための仕事のルール」

を発信していきます。ご意見・ご感想は

h@reframe-vision.com まで!

...

2020年1月15日(水)

【今日のテーマ】

目的を意識しなければ時間の無駄!

 

【解説】

ブログ毎日更新2000日目達成です!

 

インプット力を磨き、仕事のヒントをシェアする

という目的で続けてきましたが、継続することが

目的になってしまっていた時期がありました。

 

継続することを目的に継続しても、当然ですが

何の成長もありません。時間の無駄遣いです。

 

すべての仕事は、本来の目的を見失って処理

することが目的になってしまったら、時間の

無駄遣いでしかありません。

 

何のためにやっているかを意識しないと、何の

意味もないのです。

 

そして何のためにやるのかは、仕事の側にある

わけではなく、やる自分の側にあります。

 

つまり自分が何のためにやるのかを決めるか

どうか、常に目的を意識してやるかどうかだけ

の問題なのです。

 

その仕事、何のためにやっていますか?

 

***

 

お読みくださっているみなさま、本当に

ありがとうございます。読者からの意見や

感想は何よりも嬉しいです。

 

引き続きブログは書いていきますが、

365日毎日更新はここまでとし、明日

からはカウントを1に戻して心機一転、

「成長するための仕事のルール」という

タイトルで平日毎日更新していきます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

...

2020年1月14日(火)

【今日のテーマ】

情報は受け取り方でアウトプットが変わる

 

【解説】

デッサンが上手になるコツは、描く力より

見る力を養うことだそうです。

 

バイアスなく正確に見る力や細部を見る力

が高まるとデッサン力が上がる。

 

質の高いアウトプットには素直に受け止める

受信力と、正確な情報のインプットが必要、

というのと同じことですね。

 

アウトプットが下手なのは、どこかで情報を

「自分なりの解釈」「希望的な解釈」によって

捻じ曲げていたり、そもそも情報が正確で

なかったりするからです。

 

情報は人から来ますので、正確な情報が

来るかどうかは人脈の質の問題。

そしてその情報をどう受け止めるのかは

自分の思考の問題です。

 

いつも結果が思い通りでないなら、情報

の受け取り方が問題なのかも知れません。

 

情報を素直に受け取っていますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

...

2020/01/27 「成長するための仕事のルール」№008
2020/01/24 「成長するための仕事のルール」№007
2020/01/23 「成長するための仕事のルール」№006
2020/01/22 「成長するための仕事のルール」№005
2020/01/21 「成長するための仕事のルール」№004