BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

1月19日土曜日、今日のテーマは、

『まずは最小単位を成功させる』です。

 

走ったこともないのに、いきなりフルマラソンに

出ても完走できる確率は高くありません。

最初は2キロ、5キロ、10キロから練習を始めて

徐々に距離を伸ばしていくはずです。

 

私が20歳代で建設業界の営業の仕事をしていた

ときも、億単位の物件をまとめる力がつくまでに

は、数十万円、数百万円の物件を数こなし、失敗

と成功を繰り返していました。

 

ビジネスも基本は小さく生んで大きく育てること

です。いきなり目いっぱい投資して創業したら、

途中で息切れして倒れてしまいます。

 

小額の投資でビジネスの練習をしながら、徐々に

投資額を大きくしていくことで遠くまで行けます。

 

どんなことでも基本は最小単位をうまくいかせる

力をつけることです。

最小単位の成功を積み上げることが必要です。

 

新入社員教育で早期戦力化を図るには、最小単位

の成功体験をどう積ませていくかをプログラム化

することが必要なのです。

 

新入社員をどれだけ短時間で一人前にできるかは

企業の成長力に直結しています。最小単位の成功

をマニュアル化することで、その成功率を上げて

時間短縮を図ると、企業の成長力が上がります。

 

最小単位を成功させるポイントは何ですか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発...

おはようございます。

 

1月18日金曜日、今日のテーマは、

『成り行きの成長は成長と呼ばない』

です。

 

会社は自分の成長を感じさせてくれる場所

です。仕事そのものや、仕事を通じた人間

関係で成長を測ることができます。

 

しかし過去より良くなったことで「成長した」

と自分を納得させてはなりません。

 

過去より良くなっているのは当たり前です。

 

自分が目指しているものにどれだけ近づけた

かが成長を測る尺度です。

 

つまり、目指しているものがなければ本当の

成長を実感することはありません。

 

目指しているものとは、目標だったり理想の

人物像だったり、人それぞれだと思いますが、

今の自分にはないものです。

 

目指すもののために努力し自分にはなかった

何かを手に入れることが成長であって、

成り行きで自然にできるようになったことを

成長と呼んではダメなのです。

 

目標や目指す人物像は明確になっていますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

---------------------------------------------------...

おはようございます。

 

1月17日木曜日、今日のテーマは、

『理想はあるけど行動できない』です。

 

「本当はこうしたいんだけど周りが…」

「上司さえわかってくれたらやるのに」

「理想はあるけど時間がないんです」

「このままでいいとは思ってないんだけど…」

 

理想はあるのに行動できない理由は、

「不安」です。

 

責任を取ることに対する不安や、自分の

能力が試されることに対する不安です。

 

解決策は覚悟を決めるしかありません。

 

やると決めたら、責任も発生するし、

本当にできるのか能力を試されます。

能力のなさを認めざるを得ない場面に

遭遇するかもしれません。

 

そこでほとんどの人はやらない選択をし、

「自分にはそこまで責任が取れないから」

「自分にはそんな能力はないから」

と言って理想をなかったことにします。

 

これは謙虚さではありません。

成長の放棄です。

 

夢を叶え、理想を実現するような情熱的な

生き方の第一歩は、目の前の状況を理想に

近づける行動をはじめることです。

 

不安を乗り越えて、小さな理想を実現する

ために行動開始しませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを...

おはようございます。

 

1月16日水曜日、今日のテーマは、

『「俺はもう先が短いから…」発言への対策

です。

 

会社の中で定年を間近に控えた人が、

「俺はもう先が短いから」と言っている場面が

あります。

 

先が短いから1日1日を全力でやるという意味

で言っているのなら大歓迎ですが、

先が短いからもう何もできないというあきらめ

で言っているのならやめたほうがいいです。

 

周りで聞いている人からすると、

「もう俺には責任がないから」と聞こえます。

 

「責任がないから俺はもうやらなくていい

だからお前たちが頑張ってくれればいい」

 

その言葉が周りにいる人のやる気を削いでいる

ことに本人は気づいていません。

みんな密かに「そんなこと言わないでほしい」

と思っています。

 

私は「もう俺は先が短いから…」と言っている

人に会ったら、「だからこそ1日1日を全力で

やっていかれるんですね!」と返します。

 

言葉のリフレームです。

 

無意識に周りの人の意欲を削ぐようなことを

言ってはいませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよ...

おはようございます。

 

1月15日火曜日、今日のテーマは、

『暗黙知は可能な限り形式知化する』

です。

 

ベテランは知っているけれど新人は知らない

情報を「暗黙知」と言います。

 

暗黙知は実践経験に基づいた知識です。

 

暗黙知が多い職場や仕事では、新人が

 

・むずかしい

・わかりにくい

・慣れるまでに時間がかかる

・成果が上がらない

 

と感じています。

つまり新人の戦力化に時間がかかるのです。

 

企業の成長速度は、新人が実戦配備されて

ベテランと同等の成果を上げられるまでの

時間に比例します。

 

同じ業種で一人前になるのに半年かかる会社

と3か月で教育する仕組みのある会社では、

3か月で育てる会社のほうが勝ちます。

 

新人の戦力化を短時間で行うためには、この

暗黙知をできるだけなくし、文書や絵や写真、

何らかの方法で示して、伝えやすい形にする

ことが必要になってきます。

 

これを暗黙知の形式知化といいます。

 

暗黙知を形式知にする作業は慣れないと大変

に思いますが、企業の成長過程で必ず通る道

です。

 

いまいくつかのクライアント企業でこの課題に

突き当り、暗黙知の形式知化を進めています。

 

標準手順書、マニュアル、写真や文章など

成果物は様々ですが、形式知化することで

おはようございます。

 

1月14日月曜日、今日のテーマは、

『どこを目指すかをまず決める』です。

 

昨日までの2日間は、ある企業の合宿研修で

1年後のゴールを経営幹部全員で描きました。

 

「どういう状態になっていたいか?」

が共有されていないと、部署や個人の動きは

バラバラの方向に向いていきます。

 

改善活動を行うにしても、ゴールが定まって

いなければどこかに到達することはありません。

 

指標としてわかりやすいゴールは売上目標ですが、

どんな状態になるとその目標が達成されるのか?

をしっかりと描き切る必要があります。

 

製造業であれば、モノや情報の流れがどういう

状態になっているのか?

サービス業であればお客様との対話はどういう

内容になっているのか?

 

具体的にわかりやすい状態を描き、それを全員

が認識して目指していくことが、組織の成長に

つながります。

 

ミーティングが形骸化していたり、職場全体に

閉塞感が広がっているとしたら、ゴールが明確

になっていないからかも知れません。

 

どこを目指すのか決まっていますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^...

おはようございます。

 

1月13日日曜日、今日のテーマは、

『仕事を楽しめるかどうかは自己責任』です。

 

仕事を楽しめるかどうかはすべて自分の責任であり、

環境や仕事の種類や頼まれ方は全く関係ありません。

 

仕事を楽しめないことを自分の責任と思わない限り、

その状況が改善することはないのです。

 

なぜかというと、仕事に意味を与えているのは自分

だからです。ほかの誰も自分の仕事に意味付けする

ことはできないのです。

 

仕事を楽しむとは、仕事の意味の解釈を変えること

にほかなりません。同じ仕事でも、

 

「やらされている」

「やっている」

「やらせてもらっている」

 

では全く意味が違います。

当然やっている時の気分も効率も違います。

 

どれを選ぶかは環境ではなく、自分に選択権があり、

その選択権を行使しているかどうかの差です。

 

上級者はひどい頼まれ方のやらされ仕事でも、意味

を自分自身で変えることができます。

そもそも「やらされ仕事」という概念自体おかしい

ことに気づいています。

 

仕事を楽しめるかどうか、人生を愉しめるかどうか

自分自身で決めていますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

...

おはようございます。

 

1月12日土曜日、今日のテーマは、

『高い基準を自分の中に持つ』です。

 

ある経営者の語録に、

「人としてどうか?」という問いがあります。

 

何かの判断をするとき、人としてどうかを考える。

 

人としてというのは、損得ではなく人間らしい愛情

や思いやりを基準に考えるということ。

 

義理や人情を排して合理性だけを求めていくと、

思いやりのない殺伐とした職場になるでしょう。

 

「義理」とは、血縁はないけれど血縁者と同じよう

に考えるということ。

 

「人情」とは、人らしい愛情や思いやりのこと。

 

現場での最上位の判断基準が「人としてどうか」

であれば、思いやりのある職場が創造できます。

 

ただし実行するためには、自分の中に高い基準

を設けることが必要になってきます。

 

思いやりを突き詰めていけば、製品一つ一つの

作り込みにも妥協を許さない覚悟が必要です。

単に優しさだけで判断するのとは違います。

 

つまり自分の中の判断基準が試されるわけです。

 

「人としてどうか?」とは、自分の判断基準を

いかに上げていけるかということです。

 

自分の中の判断基準、再確認したいと思います。

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

...

おはようございます。

 

1月11日金曜日、今日のテーマは、

『経営理念>収益は絶対』です。

 

企業が存続するのに経営理念と収益とどっちが

大切かと言われれば答えは100%経営理念です。

 

これはもう、絶対的です。

 

「収益がなければ存続できないじゃないか?」

と言われるかもしれませんが、経営理念を実行して

何としてでも収益に結びつけることが正解です。

 

決して収益を優先すべきではありません。

 

明日から2日間、長いこと関わってきた企業の

合宿研修です。

 

企業規模が拡大する局面で、社内リーダーの

役割がこれまで以上に重要になってきます。

 

ここで必要なことは、経営者の考えや経営理念

をいかに浸透させるかです。

 

課題や決めなければならないことも山積して

いますが、まずは経営理念や行動指針を浸透

させることが何より重要です。

 

リーダーが企業の価値基準を理解して業務に

あたることが長期的な収益性確保の第一歩に

なります。

 

経営理念よりも収益を優先してはいませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^^)/

...

おつかれさまです。

 

1月10日木曜日、今日のテーマは、

『わからないと言わないようにする』

です。

 

「他責にしない」はビジネスの基本ですが、

わかりやすく他人に責任転嫁していなくても

普段の会話の中で「わからない」という態度

を取るのは、他責にしているのと同じです。

 

たとえば、

「社長の言っていることがわからない」

「お客様の言っていることがわからない」

 

つまり、

わからないからできない、やらなくていい。

わからないんだから自分は悪くない、という

ことです。

 

「わからない」をなくし、「わかる」ように

することが責任を取りに行くということです。

 

ビジネスの世界ではたくさんの責任を取りに

行った人が必ず勝ちます。

責任を他人に押しつけたらその場では勝った

ように見えるかもしれませんが、負けです。

 

信頼という尺度で見れば一目瞭然です。

 

「わからない」をできるだけなくし、

「わかる」ようにしていくこと。

理解すること、想像することを習慣にして、

わからないという場面を少なくしていくこと。

 

「わからない」を理由に逃げていませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

&...

2019/01/19 まずは最小単位を成功させる(№1639)
2019/01/18 成り行きの成長は成長と呼ばない(№1638)
2019/01/17 理想はあるけど行動できない(№1637)
2019/01/16 「俺はもう先が短いから…」発言への対策(№1636)
2019/01/15 暗黙知は可能な限り形式知化する(№1635)