">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

2019年12月7日(土)

【今日のテーマ】

即時処理を習慣にする

 

【解説】

すぐやる即時処理のクセをつけたいですよね。

これを身につければ仕事も速くなります。

 

即時処理を身につける最速の方法は、今の

3倍やる事を増やして忙しくすることです。

 

そんなのムリだと言いたくなると思います。

いまだって目一杯仕事を詰め込んで多忙を

極めていますから。

 

でもさらに自分から何でも責任を取りに行き、

忙しくすることで、即時処理せざるを得ない

環境にならなければ、即時処理は習慣化でき

ません。

 

本当に忙しくなってくると、忙しいという

感情が抜けてきます。ただ無心に目の前の

ことに取り組む以外になくなります。

 

忙しいと言っているうちはまだ余裕です。

 

即時処理を習慣化しませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年12月6日(金)

【今日のテーマ】

やる気も能力もあるのに、できない!

 

【解説】

「やる気も能力もあるのに、できない!」

 

まだ日があると思って後回しにした仕事。

できるはずなのに時間がなくなってできなかった

ことってありませんか?

 

その仕事をやる能力は十分にある。

もちろんやる気もある。

 

でも時間管理がうまくいっていないと、できる

はずの仕事ができない結果になってしまいます。

時間管理とは、やる時間を決めて、その時間が

来たら必ずやることです。

 

その時々で優先の仕事をこなしている間に、

重要度が高く長期的に見たら最優先の仕事を

やる時間が無くなってしまうこと、絶対に

避けたいですよね。

 

いつやるかを先に決めませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

新着記事管理職経営者

2019年12月5日(木)

【今日のテーマ】

新入社員には愛情深く厳しく接する

 

【解説】

優しいことを言い続けて甘やかし、最終的に

厳しいことを言わざるを得ない環境に陥るより、

最初から厳しく言うのが愛情です。

 

「厳しいことを言うとすぐに辞めてしまう」

 

新人教育に携わる人はそれを恐れていますが、

愛情があって言うことと自己都合で言うことの

区別くらい新入社員にだってつきます。

 

愛情深く厳しく育ててくれる人が少数派だから

こそ、パワハラなんて恐れず厳しく育てるべき

じゃありませんか?

 

企業の成長力は若手社員が入社してから戦力に

なるまでのスピードによって担保されています。

そのスピードが遅ければ企業の成長もスピード

アップしません。

 

当たり前に厳しい環境で、当たり前に厳しく

育てる。残業や労働時間にうるさい世の中に

なりましたが、可能な限り口うるさく厳しく

育てていきましょう。

 

新入社員に愛情深く厳しく接していますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

新着記事管理職経営者

2019年12月4日(水)

【今日のテーマ】

ひとつ上の責任を取りに行くことを愉しむ

 

【解説】

今日から2日間はある経営支援団体が主催する

若手社員研修の講師をやってきます。

1日7時間×2日間というハードな講座ですが、

ありがたいことにこうした仕事が増えています。

 

伝えるべき内容が最近大きく変わってきました。

 

以前は、

 

「やる気やモチベーションって安定しないから、

スキルと技術を高めて、やる気が出ない時でも

一定の成果が出せるような自分になりましょう」

ってお伝えしていたんです。

 

やる気に頼っていると、落ち込んだ時に成果が

上がらないので、それよりも技術や知識を高め、

やる気がなくても普通に成果が上がる自分を創る

ことが、若手社員にとって最優先事項です。

 

仕事に対する姿勢や考え方は、

「あ、そういうことね」って納得してしまえば

それで済んでしまうことが意外に多いです。

納得していないからできないだけなのです。

 

でも最近は、

 

仕事を通じてもっと人生を愉しむってことを

中心に研修を組み立てています。

 

責任を取りに行くことで人生変わるし、性格

も変わるし、より良い人生にシフトすること

は間違いのない事実です。

 

責任を取りに行かない退屈な人生なんて今すぐ

やめて、できないことや嫌いなことも愉しんで

取り組める自分になること。それが若手社員に

全力で今伝えたいことです。

 

ひとつ上の責任を取りに行く。

 

その宣言を引き出すための2日間の研修です。

受講生22名と真剣勝負してきます!

 

責任を取りに行くことを愉しんでますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

 

 

新着記事管理職経営者

2019年12月3日(火)

【今日のテーマ】

充実した1日は計画する事が大前提

 

【解説】

充実した人生を送るには、充実した毎日を

送ることが大前提です。

 

では充実した毎日とはどんな日々でしょうか。

 

それは、自分で決めた通りに動けた1日を

積み重ねていく日々のことです。

 

今日、これをしようと決めていて、その通り

それができた1日が充実した1日です。

 

つまり最初に今日何をするのかが決まって

いることが重要です。

 

何もやることがない休日を無駄に過ごして

しまった経験が誰にもあると思いますが、

「時間が空いたらこれをやろう」という事

が決まっていれば無駄に過ごさずに済んだ

かも知れません。

 

仕事では、優先順位の高いものから時間を

割り振っていって、隙間に時間が空いたら

優先順位の低いもののうち何をやるのかを

決めておいたら、充実した時間の使い方が

できます。

 

計画していないと、優先順位の低いものを

やっているうちに時間がなくなって最優先

の仕事が未着手に終わる1日になります。

 

何をやるのかを決めておく事。

これが充実した1日を送るために最初に

やるべき事です。

 

明日はどんな充実した1日にしますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年12月2日(月)

【今日のテーマ】

日常的なことから理想に近づける

 

【解説】

私たちは理想の行動がわかっていても、習慣的に

それをしないことがあります。

 

たとえば、挨拶をするときには相手の目を見てする

べきだとわかっていても、職場ではつい目も見ずに

声だけで挨拶してしまいます。

 

細かいことですが、こうしたことをおろそかにせず、

正しいあり方や理想のやり方に変えていける力が

必要です。

 

新入社員には理想を教えるけれど、現場では誰も

理想通りやっていない、なんて職場になったら、

誰もが理想を実現することをしない職場になって

しまいます。

 

理想の行動やあり方を見直してみませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年12月1日(日)

【今日のテーマ】

見た目で相手の対応が決まる

 

【解説】

同じ内容のことを言っていたとしても、

清潔で好感の持てる外見の人が言うのと

不潔で好感の持てない人の言うことでは、

受け手の受け取り方が変わってきます。

 

服装や外見を整えるのは信用です。

 

メラビアンの法則を持ち出すまでもなく、

見た目からの情報量は膨大です。

(見た目55%、声38%、内容7%)

 

話の内容をいくら整えても、外見に関心

がなかったら相手に十分伝わりません。

 

外見をよりよく見せることは重要です。

 

内容の前に外見の説得力を整えませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

blog

20191130()

【今日のテーマ】

どんな情報に基づいて生きるか?

 

【解説】

 

過去や未来ではなく今を生きることが

大事ですが、過去の情報に基づいて今

を生きるのか、未来の情報に基づいて

今を生きるのかは全く違います。

 

未来がどうなるのか?

 

の情報を出来る限り多く取り入れて、

その未来に自分がどうありたいのか、

どうあるべきかを考えて生きるのが

未来志向です。

 

普段考えていることは、過去と未来

どちらの情報に基づいていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月28日(木)

【今日のテーマ】

時間が出来たらやろう、は永遠にできない

 

【解説】

やったほうがいいことをやる能力や意欲が

あるのに、それができていないとしたら、

スケジューリングが問題です。

 

スケジューリングとは、いつやるかを決める

ということです。

 

ただでさえ忙しい日常業務や突発的に起こる

ハプニングに対応しながら、いままでやって

いなかったことに取り組むのは至難の業です。

 

いつか時間ができたらやろうと思っていると、

永遠にできません。

 

なので、予定が入っていない日を指して

「この日にやる」

と決めない限り進んでいきません。

 

その日になってみると、同じように忙しい

日常業務があり、突発的なことも起こって

いますので「できない!」となるのですが、

そこは優先順位を変えてはなりません。

 

やったほうがいいとわかっているのに

やっていない日々を終わりにしませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月27日(水)

【今日のテーマ】

成果はすぐには見えない

 

【解説】

何かをはじめたとき、すぐに成果が

表れると思っている人がいます。

 

他人を見ていると、何かをはじめたら

すぐに成果が上がっているかのように

見えるからです。

 

それは、努力しているところが見えて

いないだけで、実は見えないところで

相当な積み上げがあったりします。

 

たとえば、中途入社してすぐに成果を

あげる人がいますが、その人は前職で

努力を積み上げていたから今、成果が

出ただけで、努力なしに成果を出した

わけではありません。

 

そこが見えていないと、成果が出ない

時期を乗り越えることができません。

 

積み上げているとある時成果が出ると

わかっている人は、成果の出ない時期

をずっと努力し続けられます。

 

あともう少しで成果が見えるのでは?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月26日(火)

【今日のテーマ】

客観的に見るために数字を使う

 

【解説】

今日はリーダー革新塾の特別補講

「財務会計講座」です。

 

数字で物事を考えるメリットは、

・明確でスッキリしている

・指標になる

・比較できる

 

で、特に比較できることは重要です。

・Before/Afterが比較できる

・計画と実際が比較できる

・優良企業と比較できる

 

つまり客観的に見られるということ。

 

課題解決にあたって当事者意識はとても

大事ですが、客観的に見ないと現状認識

ができません。

 

経営数値は客観視するための道具です。

 

他人事のように数字で判断し、

自分事として主体的に動く。

 

現状を客観視できていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

 

新着記事管理職経営者

2019年11月25日(月)

【今日のテーマ】

「そんなの絶対無理!」と言う側か、言われる側か。

 

【解説】

組織改革は「そんなの絶対無理!」との闘いです。

 

今までのやり方を変えようとすると、必ず出てくる

「そんなの絶対無理!」

「どうせできないでしょ」

「できなかったらどうすんの」

という類の意見。

 

その「無理」を押し切って最初に挑戦する人に

なるか、言葉や雰囲気で挑戦を阻む側になるか。

 

挑戦する側は、笑われるし、リスクもある。

阻む側は、多数派だし、安心。

 

だからって負けるな!!

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月24日(日)

【今日のテーマ】

成功するかしないかは「誰がやるか?」

 

【解説】

昨日行った焼き鳥屋は、カウンター6席のみで

半年先までは毎日予約で埋まっている人気店。

店主は会社経営の傍ら、夜は焼き鳥屋を開店。

どっちも成功させています。

 

こだわりの食材と炭火とお酒。

 

同じようにこだわりを持っていても、突き抜けて

成功するお店と長続きしないお店があります。

 

その違いは「誰がやるか」。

 

突き抜ける人は何をやっても突き抜ける。

だから最優先なのは突き抜ける性格になること。

 

帰りにそんなことを思いながら、

もっと突き抜けて行こう!と決意を固めました。

 

何をやってもそこそこの自分、捨てませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月23日土曜日

【今日のテーマ】

仕事は「定義」するとストレスが減る

 

【解説】

仕事を定義するとは、

処理手順と成果を定めることです。

 

例えば、「トイレ掃除をしなさい」と言われて、

便器をピカピカに綺麗にして「終わりました!」

と言ったら「お前は掃除もできないのか!」と

怒られた。

 

言った方は、トイレ掃除には便器の清掃だけでなく、

洗面台の掃除、鏡の掃除、トイレットペーパーの

補充まで含めて「トイレ掃除」だと思っている。

 

仕事を定義していないとこれが起こります。

言った方も言われた方もお互いにストレスです。

 

仕事は「定義」することではじめて共通理解され、

人が変わっても同じ成果に向けて動けます。

組織で仕事をする場合、「定義」はとても大事です。

 

仕事の「定義」を話し合ってみませんか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

2019年11月22日(金)

【今日のテーマ】

「思い切った転換が窮状を救う」

 

【解説】

「値上げ」を敢行した運転代行の会社が、

顧客数は減ったけれど売上も利益も大幅にアップして

約1年で窮地を脱することができました。

 

顧客数が減ったので設備投資も必要なく、

長時間労働も軽減されて勤務日の自由度が上がり、

求人面では希望者のほうから来社してくれる状況だとか。

(代行ドライバーは昼に別の仕事を持っている人が多い)

 

その会社は10年前に「価格の透明性」を打ち出して

マーケットシェアを築き上げてきた会社です。

低価格から一転、値上げに踏み切ったことで増収増益に。

 

思い切った方向転換が奏功しました。

 

顧客減少を恐れて中途半端な改革をしていたら、

窮地を脱することはできなかったかもしれません。

 

現状維持を大きく変える方向に舵を切りませんか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

おはようございます。

 

11月21日木曜日、今日のテーマは、

『責任感を磨き続ける』です。

 

最近、営業のプロ、Webマーケティングの

プロ、プロカメラマンと一緒に仕事をする

機会がありました。

 

異分野のプロフェッショナルと仕事をする時、

その人の言葉を正確に理解できないと一緒に

仕事ができません。

 

仕事が始まる前の世間話的な会話から勝負は

始まっています。

 

相手の言葉を理解するには、経験値と想像力が

必要です。自分の経験を整理してアウトプット

できる力と、経験のないことを類推して理解

できる力です。

 

経験値と想像力は、責任感となって表れます。

 

同じレベルの責任感を持って協働できた時の

喜びは計り知れません。

 

一人では到達し得ない成果にたどり着くこと

ができるからです。

 

そのために経験を積み、想像力を磨き続ける。

 

単なる日常を思考停止のルーチンでこなすのか、

経験値を上げるために律しながら過ごすのか?

 

日々自分の感情だけに向き合って過ごすのか、

相手の心情を想像しながら過ごすのか?

 

 

日々、責任感を磨いていきたいですね。

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月20日水曜日、今日のテーマは

『チャンスは突然やってくる』です。

 

突然やってきたチャンスを掴めない理由は、

未来よりも現在に縛られているから。

 

未来から考えてどちらを取るべきかを常に

クリアに意識していたら、迷うことなく

チャンスを掴めるはず。

 

・仕事が忙しいから

・お金がないから

・家族がいるから

・先約があるから

 

と言って現在の続きをやろうとするから、

未来に進んでいかない!

 

将来の自分はそんな理由で大切なチャンスを

逃すはずがありません。

だったら今からその自分を始めればいい。

 

迷ったら突っ込んでいくと決めませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月19日火曜日、今日のテーマは

『人生を愉しむことが生産性を上げる』です。

 

先週の土曜日に東京のイタリア文化会館で開催

された慈善団体の音楽コンサートに、写真撮影

部隊の一員として参加してきました。

 

 

プロ演奏家は一人もいなく、全員が多忙な日々

の中で現実を捻じ曲げて時間をつくり、休日や

時には徹夜で練習時間を確保して臨んだ舞台、

それはそれは気迫の籠った演奏でした。

 

やらなくても良いことを本気でやる。

 

人生を愉しむってそういうことだと、改めて

確認させてくれた1日でした。

 

「働き方改革」で残業・休出削減、有給取得が

推進されていますが、仕事が減らないのに帰れ

休めと言われて余計不満が溜まっている人たち

がいます。

 

過去の自分がそうだったのでよくわかりますが、

仕事以外の人生が薄い人ほど、仕事があるから

帰れない・休めない状況に自ら陥っています。

これが働き方改革にブレーキをかけています。

 

人生を愉しむ覚悟を決める。

 

当然仕事ももっともっと愉しむ。

家事や家族との時間も愉しみ尽くす。

それ以外の時間も創り出して自ら愉しむ。

=やらなくても良いことを本気でやる。

 

結果、仕事は今までの3分の1の時間で

今まで以上の成果を上げる行動に出ます。

そうせざるをえなくなります。

 

日本の労働問題は労働時間が長く生産性が

低いことではなく、人生を愉しもうと思う

人口が圧倒的に少ないことです。

 

仕事以外の人生がないから生産性が低いのでは?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月18日月曜日、今日のテーマは

『やり切る組織を作るです。

 

「決められたことをやり切れない」

と言うのは、やり切るトレーニングが足りない

からで、小さなことから「やり切る」を徹底

していけば、やり切れる人や組織になります。

 

仕事上のことで言えば、まずは業務日報を毎日

その日のうちに提出する習慣をつけることが、

最も基本的なトレーニングです。

 

何をやってもやり切らず中途半端な結果しか

残せない組織は、全員が日報をその日のうち

に提出することだけを徹底して言い続けて、

「やり切る」癖づけをしてください。

 

日報には、

・その日の自分の仕事を振り返り、評価する

・書く

・提出する

・フィードバックを受けて改善する

 

と言う、PDCAサイクルで言うとC Aが内包

されています。結果が出ないのは、チェックと

改善が機能していないからで、日報は最小単位

のチェックと改善のためのツールです。

 

日報を時間内に書き切る。

 

やりきれない時の言い訳は「時間がなかった」

です。他のことが忙しくて日報を書く時間が

ない。働き方改革で早く帰れと言われている。

だからこそ、日報を時間内に書き切ることが

トレーニングになるのです。

 

そして受け取った方は翌日にはフィードバック

です。日報の内容でOKなのか要改善なのか?

 

このやり取りが「やり切る」力を高めるための

基礎力になります。

 

「やり切る」組織を作りませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月17日日曜日、今日のテーマは

『あなたは何と闘っているか?』です。

 

世の中には3種類の会社があります。

 

・生活と闘っている会社

・経済と闘っている会社

・挑戦と闘っている会社

 

生活と闘っている会社は、生活のための

収入を得るために闘っているので、全く

儲かっていない会社が多いです。

 

経済と闘っている会社の目的は、お金を

稼ぐことなので、お金儲けを第一に考え

行動しています。

 

挑戦と闘っている会社は、夢を実現する

ために仕事をし、世の中をより良くする

ことに挑戦しています。

 

社員として一番楽なのは、生活と闘って

いる会社です。でも一番つまらないです。

昨日と同じ今日が繰り返されていきます。

 

一番大変なのは、挑戦と闘っている会社

で、社員にも挑戦と成長が求められます。

言うまでもなく一番愉しい会社です。

 

そして、同じ会社にいる社員でも、会社

に対する捉え方が違うことがあります。

 

同じ会社にいるのに、

「この会社は生活と闘っている」

と言う人もいれば、

「この会社は挑戦と闘っている」

と言う人もいます。

 

この違い、わかりますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月16日土曜日、今日のテーマは

『基準がないと教育できない』です。

 

ある企業で、入社直後に取り組む簡単な仕事

から熟練者となって後輩指導するに至るまで

のスキルマップを作成しました。

 

これがないと、何を基準に技術を高めて

いったらいいのか目標が立てられません。

 

「早くできるようになる」

「もっと技術を高める」

「作業効率をアップする」

 

という表現は目標としては具体性に欠けます。

心構えは大事ですが、これでは計測できません。

 

スキルマップを明確にしておくことで、自分が

次に何を目指せばいいのか具体的にわかります。

できていることやできていないことが明確に

なります。

 

これは技術職に限らず応用可能です。

 

スタッフ教育には基準となるスキルマップや

評価基準が必要です。

 

「職種や部署によって違いが大きい」

「標準化できない作業や技術が多々ある」

「属人化した技能や仕事がある」

 

といった問題がありますが、それらは教育を

阻害していますので、クリアされるべきです。

 

スタッフ教育において、明確な基準を

示せていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月15日金曜日、今日のテーマは

『信頼される性格は努力の結果』

です。

 

「俺が嫌われ役になるよ」

 

厳しいことを言う役回りを引き受けるときに

よく聞く言葉ですが、言うべきことを言う人

はより信頼されるので、普通は嫌われること

はないはずです。

 

嫌われるとしたら、厳しいことを言ったから

ではなく、普段から信頼されていないのかも

知れません。普段から信頼され好かれる性格

になる努力をすべきです。

 

好かれる性格になることは大事です。

嫌われながら人を動かすことはできません。

 

好かれると言うのは、相手に気を遣うことや

合わせることではなく、芯の通った価値観を

持ってブレない自分を作ると言う意味です。

 

その価値観が自己中心的だと嫌われますが、

普通に人を思いやる親切な価値観だったら

厳しいことや言うべきことは言ったほうが

より信頼関係は強くなります。

 

信頼され好かれる性格になるのは努力です。

どの努力を怠ってはいませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月14日木曜日、今日のテーマは

『妥協なき新入社員教育を!』です。

 

優秀な新入社員が入ってきて、新入社員教育で

会社の経営理念や行動方針を学びます。

 

ストレートに経営理念や行動方針を学ぶので、

先輩社員がその通りに仕事をしていないのを

見て疑問に思うわけです。

 

「理念ではこう言ってるのに、実際の仕事では

逆のことをやってるじゃないか!」と。

 

これ、とても大事です。

 

いろいろな事情があって現実と理想のギャップ

に負けて現実を生きている先輩社員が、理想を

取り戻すチャンスです。

 

このとき新入社員に「それは理想で現実はこうだ」

と教えようとする先輩社員がいますが、それは

間違いです。

 

理想を実現するのが正しい方向で、現実に負けて

経済的に成り立ちそうな選択をすることは、理念

に対する冒涜になります。

 

経営者はそのくらいの覚悟を持って経営理念を

固めるべきです。

 

そして新入社員には妥協なくその理念を教え込み、

先輩社員を下から突き上げさせましょう。

 

組織の新陳代謝は古株と新人のギャップから生じ、

それまでの常識を剥がしていく形で起こります。

 

妥協なき新入社員教育をしていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月13日水曜日、今日のテーマは

『聞かれた質問にちゃんと答える』です。

 

研修やセミナーをやっていると、聞かれたことに

ちゃんと答えられない人がとても多いです。

 

質問に対しての答えを言わず、思いを述べ始める。

 

会社の中でも、結果を聞かれているのに言い訳を

言い始める、事実を聞いているのに予想を述べる

人がいます。

 

言い訳や予想など誰も聞いていません。

上司が欲しいのはたいてい結果や事実です。

 

質問に対してフラットに答える訓練が必要です。

 

この原因は、質問の受け手が先回りして防衛本能

を働かせていたり、質問をちゃんと聞いていない

(途中から考え事をしていて最後まで聞いてない)

ことが考えられます。

 

先回りしたり考え事をしないで、質問をよく聞き

ちゃんと質問に答える能力は、ビジネス上とても

重要かつ必要な能力です。

 

質問に対してフラットに答えられていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月12日火曜日、今日のテーマは

『組織運営に必要なことが明確か?』です。

 

組織運営とは、理念や目的に向けて集団(人)を

動かし、期限通りに決めた成果をあげることです。

(当社定義)

 

まず理念や目的が明確でなければ組織運営は機能

しません。ここが明確でない場合、組織の理念や

目的、つまりゴールを再確認する必要があります。

 

そして、成果=アウトプットが明確になっている

ことと、一定のアウトプットをあげるべき期間を

決めてあることが必要です。これは目標です。

 

ゴールと目標が明確になったら、それに向けて

必要となる仕事や身につけるべきスキル、能力

を洗い出し、計画を立てて、役割分担をして、

期限通りに目標を達成していくことが組織運営

です。

 

役割分担をして目標達成していくときに問題に

なりやすいことは、リーダーシップと部下育成

の2つです。他にもタイムマネジメントや予算

管理などが課題になりやすいです。

 

これらのこと(リーダーシップや部下育成)を

いくら学んでも、組織運営の基本である理念や

目的、期限や成果が明確になっていなければ、

組織は機能しません。

 

組織運営に必要なことは明確になっていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月11日月曜日、今日のテーマは

『自己責任が仕事を愉しくする』です。

 

どこまでが自分の責任範囲か?

そんなことを線引きしていると、仕事は

どんどんつまらなくなっていきます。

 

  • 権限がないからできません
  • それは上司のやるべきことでは?
  • 人は人、自分は自分(関係ない)
  • 環境が良ければできたのに
  • 上司・部下に問題がある

 

そんなことを言っていないで、起こることは

全部自分の責任だと思った方が愉しいですね!

 

  • 良くするためにベストを尽くす
  • チームのために責任を取りに行く
  • 仲間も含めて良くするために全力でやる
  • 環境を整えるのも自分の責任
  • 上司・部下との関係は自分の責任

 

多忙で今以上に責任を取りに行く余裕はない?

 

その発想が仕事をつまらなくしています。

 

自己責任だと捉えて自分を変える努力を怠らない

人生と、曖昧に妥協しながら生きていく人生、

どちらを選びますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月10日日曜日、今日のテーマは

『毎日に遊びを取り入れる』です。

 

出勤する時、退社する時、面倒だからと言って

行きも帰りも会社の制服や作業衣のままだと、

生活に張りがなくなりますよね。

 

制服や作業衣には会社の更衣室で着替えること

にして、行き帰りはめいっぱいオシャレしたり、

ビシッとキメた格好しませんか?

 

車通勤だし、すぐ会社に着くし、着替える時間が

もったいない!どうせ誰にも会わないし。

 

という言い訳は置いておいて、着替えるだけで

自分の生活をもっと大事にできるし、何よりも

自分が愉しめます。

 

生活に潤いを与えるには、

わざわざしなくてもいいことをする。

 

つまり「遊び」です。

 

明日からどんな遊びを毎日に取り入れますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月9日土曜日、今日のテーマは

『自分の「本気」を鍛える』です。

 

多くのリーダーが部下育成で悩みます。

 

部下を本気にさせたければ、リーダーは

それ以上に本気でなければなりません。

 

本気で仕事に打ち込み、本気で部下と接し、

本気で信頼関係を築かなければ、部下の

本気を引き出すことなど到底できません。

 

自分が本気でやっているかどうかではなく、

誰が見ても「この人は本気だ」と思われる

くらい本気でなかったら、伝わりません。

 

人は本気をどこで見抜くか?

 

・言葉の端々に出てくるその人の思考

・決めてから行動するまでの早さ

・自分で決めたことをやり切る姿勢

・曖昧、妥協、保留がどのくらいあるか

・責任感の範囲

 

つまり普段からの姿勢です。

 

部下を本気にさせたければ、もっと自分を

本気にさせる方法を考えませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月8日金曜日、今日のテーマは

『未来の自分が取るべき行動を今!』

です。

 

今日は「とやま中小企業人材育成カレッジ」

の卒業式です。

 

富山県主催のこの講座のメイン講師を5年前

からやらせていただいています。

リーダー育成の長期コースには22名の受講者

が参加してくださっています。

 

今日の卒業式の課題は、未来のあるべき姿を

描いて、それに相応しい行動をはじめること。

数年後にワンランク上の役職になるなら、

その時点で行動を変えても遅いのです。

 

今からワンランク上の目線で判断し、行動し、

信頼を培って行くから、数年後にそれが実現

するのです。

 

役職に限らず、どんな人格になりたいか?

どんなリーダーシップを持っていたいか?

どんなことを実現する自分でありたいか?

 

それらが実現したときの自分になり切って

行動する。その行動宣言が今日の課題です。

 

未来の自分が取るべき行動と思考を、

「今」からはじめませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月7日木曜日、今日のテーマは

『相手の様子を見て話を進めているか?』

です。

 

今日初めて会った人に、自分の仕事や

会社を取り巻く環境のことを説明する

には、相手の理解度を読みながら話を

進めるスキルが必要です。

 

相手はどこまで理解しながら聞いて

くれているか?

 

コミュニケーションは伝えるスキルより

相手の状態を読み取るスキルの方が重要

です。

 

相手の目の動き、仕草、受け答えなど、

すべての様子を観察して読み取り、その

情報を元に伝える内容や伝え方を変える。

 

コミュニケーションが苦手な人は相手を

見ていないので、それができません。

 

今日はリーダー革新塾の成果発表会です。

 

受講生にとって初めて会う他社の経営者

や代表者の方に、社内リーダーとしての

行動宣言を発表します。

 

行動宣言の背景をわかるように説明しな

いと、行動宣言の意味がわかりません。

 

聞き手を観察しながら話す内容を変える。

高度なスキルのように感じますがリーダー

としては必要なスキルです。

 

部下指導には必須スキルですね。

 

相手の様子を見て話を進めていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

11月6日水曜日、今日のテーマは

『「今」を全力でやり切る』です。

 

今日から2日間、「リーダー革新塾」の

合宿研修です。

 

6月にスタートした2期目のこの塾は、

月1回半年間の講座と毎月のフォロー

コンサルで社内リーダーのレベルアップ

を図っています。

 

講座ではリーダーとしての役割を全う

すべく様々なことを議論してきました。

 

6名の受講生は既に同盟となり、毎回、

受講生主催による懇親会が開催されて

います。

 

色々学んだ上で、最後にひとつ言える

ことは、成長し続けるためには「今」

を全力でやり切るしかないということ。

 

知識を入れ、自覚を高め、リーダーと

しての思考が手に入ったとしても、

現実を変えていくのは「今」を全力で

やり切る行動力だけ。

 

最後にその行動を宣言するのが今回の

合宿の目的で、明日は受講生の会社の

経営者や代表者の方に来場していただき、

受講生の成果発表プレゼンです。

 

今日は、これまで提供してきた知識を

整理して、役割を全うするための行動

を決意することだけに専念します。

 

「今」を全力でやり切っていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者