">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

10月18日金曜日、今日のテーマは、

『得意なことばかりに着目しない』です。

 

ものづくりの仕事は、作業手順と実行に

分解できます。

 

不良品の発生は、決められた作業手順

が悪いのか、実行の仕方が悪いのかに

分けることができます。

 

スタッフが作業手順通りに実行している

のに不良品が出るなら、作業手順に欠陥

がある可能性が高い。

 

スタッフが決められた手順通りに実行して

いないなら教育に問題があります。

 

そして、不良品がなくならない会社には、

苦手な方をやらない傾向があります。

 

教育が苦手な会社は手順の変更に着手し、

教育が得意な会社は手順の欠陥を個々の

技能で乗り越えさせようとします。

 

これと同じことは、セールスやサービス

の仕事でも起こっています。

 

仕組みに着目するか?人に着目するか?

 

冷静に見たらどちらに着目すべきか

わかります。

 

得意な方ばかりに着目していませんか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

10月17日木曜日、今日のテーマは、

『生産性向上よりも品質向上を』です。

 

私のクライアントの半数はものづくりを

している企業です。

ものづくり企業は、工場が会社の中心です。

 

そこでは、毎日効率的に作るための改善が

行われています。少しでも効率化すること

ができるアイデアを探しています。

 

しかし、効率化もある程度は必要ですが、

行き過ぎると仕事が単調になって作る喜び

が失われていくのです。

 

効率化がある程度進んで企業は、どこかで

「品質向上」に切り替えるべきなのです。

 

品質向上は効率化とは対極にあって、追求

すればするほど仕事が増えます。

面倒なことが多くなっていくのです。

 

企業の成長としてはこれは正しい方向で、

効率化して減らしたリソースを品質向上に

注ぐことで次の成長に向かうのです。

 

そして品質向上のために増やした仕事を、

次の段階でまた効率化していく。

この繰り返しで強い企業が出来上がって

いくのです。

 

効率性を求めるのは仕事が複雑化してきた

時だけで、普段は品質向上を目指した方が

組織運営はうまくいきます。

 

効率性よりも品質向上を目指しませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

10月16日水曜日、今日のテーマは、

『実現性のないアイデアを出してみる』

です。

 

「それはできない」

「それは無理だろう」

「それができたら苦労しないよ」

 

と言われてしまうようなアイデアを平気で

発言する人が現場の改善には向いています。

 

アイデアは出すことが大事で、実現性を

考えるのは次の段階です。

 

あれは無理、これも無理と自己完否定して

何もアイデアを出さなければ、何ひとつ

進んでいきません。

 

最初は実現性のないアイデアを、工夫して

実現性のあるアイデアに変えていく。

改善はこのプロセスで実現していきます。

 

「ここだけは変えられない」

という先入観を捨てて、

実現性のないアイデアを出してみませんか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!
 
10月15日火曜日、今日のテーマは、
『何に最も力を入れて取り組むべきか』
です。
 
不良品を出さないために検査を徹底する。
 
一見当たり前の対策に聞こえますが、その前に
やるべきことがあります。
 
不良品を出さないようにすることです。
 
検査は、不良品を外に出さないための対策で、
不良品自体は発生し続けているのです。
 
不良の原因を突き止め、その原因を無くす努力
が先です。業務プロセスの改善です。
 
同じように、
・トラブルが起きたときの対応策
・クレーム対応マニュアル
・失敗した時のための予備プラン
 
どれも大事ですが、
 
・トラブルが起きないプロセス改善
・クレームが発生しないスタッフ教育
・失敗しない計画と万全な準備
 
のほうが先に取り組むべきことです。
 
何に最も力を入れて取り組むべきかを
今一度考えてみませんか?
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんばんは!
 
10月14日月曜日、今日のテーマは、
『どんなに時間がなくてもやり切る』です。
 
どんなに時間がなくても、やるべきことを
やり切る力がなければ人生負け続けです。
 
「ムリして頑張らなくても、自分らしく
生きればいい」
 
「あまり頑張りすぎない方がうまくいく」
 
「努力が必要なことより、自然に頑張れる
ことを見つける方がいい」
 
最近はそんな言葉にあふれていますが、
やるべきことをやり切る力は絶対に必要だし、
負け続ける人生なんてあってはならないです。
 
時間がなければ昼夜を徹してやるのみ!
 
やると決めたことはやり切る!
 
そんな意思がなければ物事うまくいきません。
 
上司がこれを言うとブラック企業だと言われて
しまいますが、やり切らないことを許容し続け
ていたら仕事は成り立ちません。
 
限られた時間の中でやるべきことをやり切る。
 
この当然の習慣を、巷にあふれる甘い言葉で
ごまかしてはなりません。
 
時間がないことをやり切れなかった言い訳に
していませんか?
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんにちは!
 
10月13日日曜日、今日のテーマは、
『成長させるのが使命』です。
 
ある企業のリーダーさんが、
「私は、いつも一箇所におらず、成長させるのが
使命です。変化し続けるために、みんなも変化
しよう!この言葉を伝えています」
 
とおっしゃっていました。
 
リーダーとしての覚悟と愛情がにじみ出た言葉
です。
 
組織のリーダー層に入ったら、部下の人間的成長に
責任を持ち、変化をリードすることは役割でもあり、
使命でもあります。
 
そのためには、自分が成長をやめないこと、変化を
拒まないことが前提条件です。
 
変化し続けること。
 
これは習慣なので、当たり前の人には当たり前で、
わざわざ言うほどのことではありません。
でも当たり前でない人にとっては、高いハードル
に聞こえるかもしれません。
 
いったいどこまで変化すれば落ち着けるのか?
と。
 
結論から言うと、落ち着くことは一生ありません。
変化している状態が当たり前の状態になるので、
そこに努力が要らなくなるだけです。
 
「成長させるのが使命」
そう言い切って変化を拒む自分を捨てませんか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんにちは!
 
10月12日土曜日、今日のテーマは、
『リスク管理は想像力』です。
 
リスク管理は想像力です。
 
次に何が起こるのか?
どんな危機の可能性があるのか?
 
想像すればわかることにあらかじめ対応
しておくのがリスク管理です。
 
社員が増えると、それまで起こらなかった
様々なことが起こるようになります。
 
たとえば、
・情報漏洩のリスク
・安全管理上のリスク(業務中のけがなど)
・業務のヌケ・モレによる信頼喪失のリスク
・社内でのハラスメントのリスク
 
小規模な組織でやっている時には、あまり
心配しなくてもよかったリスクに直面します。
 
こうしたことは起こることが想定できます。
 
なので、組織を大きくするときは同時に
様々なルールや規律を創っていきます。
 
ここを「なあなあ」にしておくと、リスクに
直面した時に全く対応できず組織が崩壊します。
 
 起こり得るリスクにちゃんと対応していますか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おつかれさまです。
10月11日金曜日、今日のテーマは、
『あるべき姿に近づく努力を怠らない』
です。
 
リーダーの思考は組織に反映します。
 
たとえば、
 
・決断が遅い
・重要な局面で保守的
・思考が現状維持的
 
こうした面は確実に組織に反映されます。
 
決断のスピードはトレーニングで改善できます。
注文するメニューを1秒で決めること。
 
保守的な性格は直せます。
いつでも革新的な方を選ぶことを自分に課し、
リスクと責任を自分から取りに行くこと。
 
現状維持的思考は環境の問題です。
変化し続ける状態を当たり前の状態にするため、
常に自分を安全なゾーンに置かないこと。
 
こうした努力を怠らないことがリーダーシップ
を高めていきます。
 
リーダーにはあるべき姿があります。
 
あるべき姿に自分を近づけていくこと。
 
これは終わりのない戦いですが、成果は自分に
よりも組織運営に表れます。
つまり、スタッフのために、お客様や関係者の
ために自分を律して高めていくのです。
 
あるべき姿に近づく努力を忘れていませんか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おつかれさまです。

10月11日木曜日、今日のテーマは、

『情報伝達を整流化する』です。

 

業務改善で取り組むことのひとつとして、

コミュニケーションの交通整理があります。

 

業務フロー上、誰がどのタイミングで何を

誰に伝えればいいのか?

 

必要な情報が必要な人のところに行くのに、

どんな伝達経路をたどって行くのか?

 

これが複雑化して整理されていないと、

情報が滞留したり変形したりして業務に

支障が起ります。

 

情報伝達経路はシンプルに、かつ必要な

人のところにダイレクトに行くべきです。

 

伝わる順番を重視すればスピードが落ち、

タイムリーな経営判断ができません。

 

情報伝達は同時がベストです。

 

今どき重層的に階層を追った情報伝達では

遅すぎます。必要な情報はスマホで即共有

がスタンダードです。

 

情報流の障害がなくなると仕事が早くなり、

ストレスも減ります。

特定の人がその障害になっているなら、IT

ツールを使って同時伝達を実現すべきです。

 

情報流は十分に整理されていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかえは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんばんは。
 
10月9日水曜日、今日のテーマは、
『短期的成果を優先しない』です。
 
長期的に見て良い方を選べるかどうかは、
仕事や経営の質に直結します。
 
いつも、今日の仕事をとにかく終えること、
短期的にメリットのある方ばかりを選んで
行くと、仕事や経営の質は落ちます。
 
長期的視点とは、
 
・今より5年後の理想を実現する選択をする
・特定の個人より全体が良くなる方を優先する
・損得より愛情を基準にした判断をする
 
具体的には、
 
・自分でやった方が早くて正確だけど、人に
任せて育てていく
・上司のせいにしているのは楽だけど、自分
から責任を取りに行って矢面に立つ
・すぐに結果が出なくても根気強く育てる
 
などです。
 
長期的なメリットを選ぶのは「習慣」です。
 
今日、短期的な成果を選ぶことが長期的には
どれだけ損失につながっているか?
 
それを常に考えるべきではありませんか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんばんは。
 
10月8日火曜日、今日のテーマは、
『愛情=準備』です。
 
愛情は準備で示されます。
 
愛情ある仕事は準備が完璧です。
 
人と会うとき、愛情ある人は準備を
怠りません。
 
具体的にどんな準備かというと、
仕事の場合は、
 
・スケジュール
・役割分担
・責任の所在の明確化
・イレギュラーへの備え
 
これらが考え抜かれて情報共有されて
いることが、愛情です。
 
どれだけ想像力を働かせて準備をするか?
 
それが愛情です。
 
もっと愛情あふれる仕事をしませんか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんにちは!

★1日も休まず毎日更新して今日で1900回!!

 

10月7日月曜日、今日のテーマは、

『書く時間・話す時間を日常に取り入れる』

です。

 

書いたり話したりすると思考が深まります。

 

研修では、書く時間、話す時間を取り入れて

一方的な研修にならないようにしていますが、

そのほうが研修後の参加者の満足度も高く

思考も深まっています。

 

・あるテーマについて講師として話す。

・そのことについて書いてもらう。

・近くの人と小グループで意見交換する。

 

という手順で、そのテーマについての思考を

深めてもらうスタイルで研修しています。

 

会社内で「考えない」「思考が深まらない」

のは、「考える時間」がないからではなく、

「書く機会」と「話す機会」がないからです。

 

書いたり話したりする機会を日常業務の中に

取り入れる工夫をしてみてはいかがですか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんばんは!

 

10月6日日曜日、今日のテーマは、

『小さな会社の最重要課題』です。

 

小さな会社の課題は変化が少なくなることです。

 

人事異動がないので仕事がマンネリ化しやすく、

何年も同じ環境で同じ仕事をしてしまいます。

 

変化に億劫になったら間違いなく衰退します。

 

その打開策は、規模拡大を狙うか、常に自ら

激しく変化し続けるかです。

 

リーダー自身はもとより、スタッフにも前の年と

同じ仕事をしていることを許さず、新しいスキル

を身につけることを課すことです。

 

新しいスキルは新しい業務によって習得します。

 

新しい業務を創出するのはリーダーの役割です。

 

常に変化の中にスタッフを置くことが、スタッフを

育てることにつながります。変化がなければ成長

も発展もありません。

 

小さい会社でもスタッフが1人いれば組織です。

リーダーはスタッフの成長・発展に責任を持つ

必要があります。これはリーダーの義務です。

 

そのためには当然リーダー自身も成長・発展

していることが必要です。

 

リーダーとして成長・発展に向かっていますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

新着記事管理職経営者

おはようございます。
 
10月4日土曜日、今日のテーマは、
『期待値のデッドラインを意識する』です。
 
仕事には締め切りがあります。
 
それは仕事を仕上げるデッドラインという意味の
締め切りですが、もう一つ期待値のデッドライン
というのがあります。
 
期待値のデッドラインは、具体的な仕事ではなく、
仕事に対する姿勢や態度、心構えについての周囲
からの評価のデッドラインです。
 
これは具体的に締め切り日が設定されているわけ
ではありません。
 
いつまでも初心者のつもりでいる。
いつまでも「わからない」状態でいる。
いつまでも本気を出さないで形だけの仕事をする。
 
そんな状態でいたら、気づかないうちに期待値の
デッドラインを過ぎていて、誰からも相手にされ
なくなります。
 
締め切り日の設定されていない期待値のデッドライン、
意識していますか?
 
 
***
 
このブログでは、日々の仕事のヒントになる
『今日のテーマ』を365日発信しています。
 
自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近
にあります!今日をどんな1日にしますか?
 
それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

10月4日金曜日、今日のテーマは、

『相手の理解度にあわせて話す』です。

 

全く知らない人に自分の仕事や会社のことを

説明するときに、相手の理解度に合わせて

話を組み立てられるかどうかが会話力です。

 

会話力がない人は、相手の理解とは無関係

に自分の言いたいことを言い、たいてい相手

の話は聞いていません。

 

人は話を聞くとき、相手の言葉を自分の知識

や経験に基づいて理解しようとします。

 

知識や経験のないことは理解度が低くなり、

正しく伝わらない確率が高くなります。

 

上司部下でコミュニケーションがうまくいかない

のは、知識と経験がない相手に、知識と経験

がある前提で話をするからです。

 

自分にはあるので、相手にもあって当然だと

思い込んでしまうのです。

 

相手の理解度に合わせて話の解像度を調節

できていますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

10月3日木曜日、今日のテーマは、

『進んで「歯車」のひとつになる』です。

 

「社会の歯車になるなんて嫌だ!」

と若いころは思っていましたが、

独立して思うのは、

 

「社会の重要な歯車となることでより多くの

人の役に立てるじゃないか、もっと大きな

歯車になりたい!」

 

です。

 

歯車になれば、自由が奪われます。

個人的な事情は通用しません。

個性も出さないように役割を果たすこと

が求められます。

 

だからこそ自由や個性が出現する。

抑えようとしてもどうしても出てしまうのが

個性です。

 

個性を伸ばそうとしてミスリードしている

場面をよく見ます。伸ばそうとするよりも、

抑えようとした方が個性は明確に出ます。

 

歯車となり、自分の周りの社会を動かして

いくことが人の役に立つということです。

 

歯車になるのを嫌がってはいませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

 

 

 

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

10月2日水曜日、今日のテーマは、

『解決していない問題は繰り返される』

です。

 

問題解決のおもしろいところは、

その問題を解決すまでは何度でも形を変えて

同じ問題が出てくるというところです。

 

組織は成長しなければなりません。

 

成長とは、目の前の問題を次々にクリアし、

常に最新かつ最も難しい問題にチャレンジする

ことです。

 

問題がなくなることは永遠にありません。

 

より高い解決能力を培うことが成長です。

 

個人でも同じことかもしれませんね。

 

問題解決の過程で他責をなくし、主体性を養い、

人間性を高めていくことで、より豊かな人生が

送れることは間違いありません。

 

繰り返し出てくるその問題、いつ解決しますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます。

 

10月1日火曜日、今日のテーマは、

『10月は来年に向けた準備の月』です。

 

毎年10月は来年のスケジュールをおおまかに

決める月です。

 

1年間で何をやるかは、スケジュールでほぼ

決まります。

 

いくら目標を決めても、スケジュールに入って

いなければ達成されることはありません。

 

スケジュールに入れておいてその通りに行動さえ

すれば、自動的にやるべきことが達成されていく

状態を作っておく。これが理想です。

 

ということで、10月にすべきことは、

 

・2020年をどんな年にするのか決める

・そのために何をするのかを決める

・おおまかなスケジュールを決める

(細かいスケジュールは毎月決める)

 

の3つです。

 

これをやるための日を1日とっています。

 

同時に2019年の残り3か月のラストスパート

をかける時期でもあります。

実は今年やると決めた2つのことを、まだ達成

していません。

 

この3か月を1日もムダにすることなく過ごし、

悔いのない2019年にしたいと思います。

 

来年はどんな1年にしますか?

そして今年をどんなふうに締めくくりますか?

 

 

***

 

来年をどんな年にしたらいいのかわからない!

という方はこちらの公演会でそのきっかけを

つかんでください!

 

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おつかれさまです。

 

9月30日月曜日、今日のテーマは、

『現場経験がないことは不利ではない』です。

 

現場経験がなくてもマネジメントができる

ようになるためには、ポイントを見極める

「見極め力」が必要です。

 

業務の全てを詳しく理解する必要もなければ、

できるようになる必要もありません。

 

何のポイントを見極めるのか?

 

・何を変えると効率が上がるのか?

・何が生産性を変える要素なのか?

・スタッフは何が不安・不満で、

どうなったらもっと集中できるのか?

 

それだけを徹底してウォッチして理解する。

 

これは実務レベルの目線ではなかなか見えて

こないことです。

 

スタッフの作業性が改善されたら、

業務についてそれほど詳しく理解していなくても

成果は上がってきます。

 

もちろん一定程度は理解する必要はありますし、

想像力は絶対に必要です。

 

でも「できない」「やったことがない」ことが

マネジメントの障害になるわけではない、

ということです。

 

むしろ経験のあることの方が固定観念で改善

が進まないかもしれません。

 

現場経験がないことを不利だと思っていませんか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかえは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おつかれさまです!

 

9月29日日曜日、今日のテーマは、

『思い描いた通りの1日を過ごす』です。

 

今日はどんな日曜日でしたか?

 

お休みの人も仕事の人も、

思い描いた通りの1日を送ることができたら、

そんな毎日を積み重ねることができたら、

人生はもっともっと良くなりますよね。

 

仕事の1日が思い描いた通りに送れない人は、

完全に自分でコントロールできる休日の1日を

完璧に思い通りに過ごすことからスタートです。

 

途中で変えない、やめない、あきらめないで、

朝思い描いた通りに1日を過ごす。

 

思い描いた通りの1日を増やしていくことが、

思い描いた通りの人生につながります。

 

明日はどんな1日を思い描きますか?

 

***

 

どんな1日を思い描いたらいいのかわからない!

どんな人生を思い描いたらいいのかわからない!

という方はこちらの全国公演会、必見です!

富山公演は10月4日(金)18:00~

 

 

それでは、明日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月28日土曜日、今日のテーマは、

『その場で指導できる人になれているか?』

です。

 

・若手社員の言葉遣いがなっていない

・敬語が正しく使えないのが気になる

・目上の人に対する態度に違和感がある

 

だから教育してほしい。

という場合、問題なのは指導する側という

ケースが多いです。

 

なぜか?

 

言葉遣いがなってないなら、その場で指導

して直していくのが先輩の役目です。

 

部署が違うからとか、直接指導する立場に

ないからとか、言い訳ばかりして直接指導

しない人が多いことが問題なのです。

 

厳しい会社は、言葉遣いや敬語の間違い

をその場で正していく雰囲気があります。

 

部署が違おうが立場が違おうが、同じ会社

の仲間が恥をかくかもしれないなら、その

前に指導するのが愛情です。

 

上場企業でも電話の取次ぎの時に社内の

人に対して敬語を使っていたりします。

 

取引先なら間違いなくその場で教えます。

 

「お客さんに対しては、社内の人は呼び捨て

にして、敬語は使わないんだよ、わかった?」

 

これで他のお客さんに対して恥をかかなくて

済みます。

 

その場でちゃんと指導していますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月27日金曜日、今日のテーマは、

『組織が拡大する前にすべきこと』です。

 

事業が拡大する時は、ずっと努力し続けた

結果があるとき一気に出ます。

 

その時、スタッフも短期間に一気に増やして

対応するという事になります。

 

小さい会社の場合、既存スタッフと同じ人数

の新規スタッフを増員する場面もあります。

 

そうすると、今までうまくいっていた業務が

突然うまくいかなくなるということが起きます。

 

組織が拡大する時に露呈しやすい問題は、

 

・業務手順がバラバラで標準化されていない

・社内ルールや手続きが明確化されていない

・コミュニケーションの方法がわからない

・人によって違う意見があって混乱する

 

その結果、意思統一ができず組織化に失敗

するケースがあります。

 

一度失敗するとリベンジに時間がかかります。

人が入れ替わらないと回復できない事態に

陥ることさえあります。

 

新規スタッフが一気に増えるときには、

前もって起こりそうな問題を想定して解決策

を練っておくことが絶対に必要です。

 

事業拡大に伴って

どんな問題が露呈しそうですか?

 

 

***

 

個人として人生の幅を拡大したい!

と思ったらこちらの講演会は必見です!

富山会場は10月4日。

満席になったので増席対応中です!

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月26日木曜日、今日のテーマは、
『努力することを恐れない』です。

 

「無難に経営しよう」という考えは100%捨て、
経営の質の向上を追求し続けるのが経営者
のあるべき姿です。

 

そもそも「無難に経営しよう」は衰退です。

 

それに多くの経営者が気づいていながら、
実際には無難な選択をしてしまう。

 

これは努力に対する恐れです。

 

経営者がこれ以上の努力を恐れていたら、
スタッフは当然今以上の努力はしません。

 

組織は中心となる人の人格が反映します。

 

努力が大変なのは最初だけです。

 

これ以上の努力を恐れていませんか?

 

***

 

「人生の質の向上」
を目指す人はこちらの講演会にお越しください。
富山開催は10月4日です。
昨日満席になりましたが、増席中です!

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月25日水曜日、今日のテーマは、

『すべてを引き受ける覚悟で。』です。

 

取引先で、平社員がいきなり部長に昇格しました。

 

物事はたいてい急展開します。

 

そのとき全てを引き受ける覚悟ができている人

 

躊躇して不安や心配が先に立つ人

 

その差は志の高さの差です。

 

不安や心配のないことだけをやろうとする人生、

そんなのつまらなすぎますね!

 

すべてを引き受けられる高い志を持っていれば

人生は思ったよりも早く展開していきます。

 

何かを引き受けるのは自分のためではなく他人

のためです。

 

他人のために時間や労力を費やせるかどうかが

人生の豊かさの差です。

 

すべてを引き受ける覚悟、できていますか?

 

***

 

不安や心配で人生を終わらせたくない!

という方はこの全国公演を聞きに行きましょう!

富山会場は10月4日(金)です。

 

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月24日火曜日、今日のテーマは、

『文脈を読み解いて要約する』です。

 

どれだけ相手の言いたいことを短くまとめて

返せるかが要約力です。

 

要約するのに必要なのは、相手の言葉を

聴き取る力よりも文脈を読み取る力です。

 

文脈とは、相手にどんな背景があって、

なぜそう言うに至ったか、そして本当は

どうなりないのか、という過去から未来に

向けての一連の流れです。

 

その一連の流れを慮り(想像し)ながら

聴いていると、文脈が見えてきます。

 

文脈がわかると、相手が言葉にならない

言いたいことがわかります。

 

それを言語化してあげられたら信用も

上がります。

 

部下育成においては極めて重要な能力

のひとつです。部下の今だけを見ずに、

過去から未来への時間軸の中で見る。

その視野から要約して言葉を返す。

 

文脈を外さず要約できていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月23日月曜日、今日のテーマは、

『やらなければならないことは全部愉しむ』

です。

 

成功した人の近くにいると、苦しいことを苦にせず

愉しむ能力に長けていることがわかります。

 

苦しいことを苦しいままやっても、いい成果は

出ません。やらなければならいことならば、

いかに自分を愉しませながらやるか?

 

何をやってもうまくいく人がいる一方で、頑張って

いるのに何をやってもうまくいかない人がいます。

 

その違いは何かというと、一言で言うと習慣の

違いです。

 

うまくいかせようとしている事を頑張るのは

当たり前のことですが、それ以外のことに

対してどれだけ頑張れるかどうか?

 

何をやってむうまくいく人は、嫌いなことや

やりたくないことも、好きになり愉しむことが

習慣になっているのです。

 

だから何をやってもうまくいく以外にない。

 

何事も愉しむ能力こそ、成功に向けて手に

入れるべき最も基本的な能力です。

 

そしてそれは、誰にでも備わっているので

能力をつけるのではなく引き出すだけです。

 

やらなければならないことで、どれだけ自分

を愉しませられていますか?

 

 

***

 

人生を愉しみ尽くしたい!という人はこの人に

会うと良いです。33歳、モナコ在住の写真家。

富山公演は10月4日です。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

こんばんは!

 

9月22日日曜日、今日のテーマは、

「覚悟を試される日は突然やってくる」です。

 

覚悟を試される「お試し」は突然やってきます。

 

その時、すぐに行動できる自分であるかどうか?

 

それはどんな日常を送っているかによります。

 

普段から妥協せず、曖昧さを残さない。

やるべきことはやり切る。

シンプルに考えて行動する。

 

行動のブレーキになるお金、世間体、常識、

それらを打ち破るだけの熱意、情熱、行動力。

 

どっちが勝っていますか?

 

***

 

シンプルでパワフルな日常を送るために必要なことが

すべてこの公演会でわかります!

33歳、モナコ在住の写真家の人生とは?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

921日土曜日、今日のテーマは、

『諦めずにやる人、結局やらない人』です。

 

何が何でも間に合わせなきゃならない時、

 

・何が何でも間に合わせるために頑張れる人

・諦めながらも一応頑張る人

・保身の言い訳をしながら頑張る人

・間に合わせるつもりがない人

 

反応がいろいろ分かれます。

 

仕事の場面では、絶対に間に合わせるべき

時と場合が必ず発生します。

 

頻繁に起こっていたら、自分の段取りを

疑うべきですが、どんなに緻密に段取り

しても間に合わない事態は発生します。

 

こういう時こそ仕事への情熱が試されます。

 

平常時は卒なく仕事をこなす人でも、

いざという時にすぐ諦める人、

「間に合いません」と一辺倒の対応しか

できない人は、結局「やらない人」です。

 

そんな時、

どんな反応をする人でありたいですか?

 

***

 

人生をもっと情熱的に生きたい!

と思った方はこちらの講演会へ!

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

920日金曜日、今日のテーマは、

『次元上昇を明確に意識する』です。

 

企業が財務的成果を上げるためにすべき

ことは数多くありますが、スタッフが

30人くらいの会社の場合、組織運営が

うまくいくと効率が上がって儲かる!

という局面の企業が多いです。

 

スタッフが30人になるまでに販売面の課題

はクリアしており、さらに事業拡大するには

現場をスタッフに任せ切る必要があります。

 

ここで課題になるのは、

 

・必要な業務情報が共有されていない

・効率的な業務手順が研究されていない

・業務が属人的で教えるスキルがない

・管理職が何をすればいいかわかっていない

・危機管理が弱い

・全部社長が判断している

・だからスタッフに考える力が育たない

・その結果、短絡的な思考で行動している

 

というのが代表的な課題です。

 

こうした企業を組織化して次のステージに

引き上げる仕事はかなりの得意分野です。

 

経営面と財務面を私が見て、

ビジネスパートナーがスタッフの中に入って

具体的な業務改善をどんどん進めていく。

 

そんなスタイルで仕事を進めていきます。

 

テーマは組織の次元上昇です。

 

これまでと同じ次元で考えても何一つ解決

しませんが、上から考えて当たり前のこと

を一つずつ行動に移していく。

 

リーダースタッフが次元上昇を明確に意識

できるようなアプローチを日々考えています。

 

組織を前進させるだけでなく、

上昇させることを意識していますか?

 

***

 

 個人としての次元上昇に興味のある方は

こちらの講演会に参加してください

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

919日木曜日、今日のテーマは、

『求められる能力は変化する』です。

 

企業が成長していくに従って、求められる

能力や資質は変わっていきます。

 

いまどんな能力が求められているのか?

局面に合わせて自分を変えていける人は

人としても大きく成長します。

 

どこかで「そこまで変わらなくても

「自分にはムリ」

と思った時点で現状維持勢力となり、

組織内で苦しい立場に陥ります。

 

いつでも企業の成長を助ける側でいること。

リーダーはそれを自分に課してください。

 

いまどんな能力を求められていますか?

 

***

 いつでも周囲の成長をリードする側でいたいと思った方は、

こちらの講演会参加必須です!

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

おはようございます!

 

9月18日水曜日、今日のテーマは、

「素直に謝れる環境を創る」です。

 

素直に謝ればいいことを、

ああでもないこうでもないと言い訳して

絶対に謝ろうとしない人がいます。

 

代表的な行動は、

・他人のせいにする

・「仕方なかった」で正当化する

・「何が悪い!」と開き直る

 

いずれにしても、「ごめんなさい」の一言が

言えない。言わない。

 

これは、謝っても許してもらえないという

心理的な恐怖感から来る行動です。

仕事上のことで言うと、責任を取らされる

という恐怖心です。

 

こういう人が1人いると、組織がまとまり

にくく、感情のもつれが連鎖していきます。

 

会議など大人数の前では謝りにくいもの。

 

対策として、素直に謝れば全員がそれを

受け入れるという前提を作っておくことは

有効です。そして、責任を取るということに

マイナスイメージを創らない。

 

謝れない相手は恐怖心を持っているという

知識を全員が持っておくことも有効です。

 

謝らない相手に「怒り」を感じるのではなく、

謝れる環境を創ってあげるのがリーダーの

役目です。

 

複数の企業で定例会議の進行役を務めて

いますが、感情のもつれた会議の進行は

最も実力が試される場面です。

 

素直に謝れる環境を創れていますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者