CONSULTING

CONSULTING

コンサルティングのスタイルは次の3つです。

  1. 経営者の意向を聞いて組織運営の実行支援をする

    (経営者の意向をスタッフに浸透させながら動かす)

  2. 必要なノウハウやスキルを経営者や管理職に提言する

    (組織運営を外部の人にいじられたくない場合)

  3. プロジェクトの一員として組織の中に入って活躍する

    (リーダースタッフと連携してプロジェクトを進める)

組織運営の実行支援とは、社内の重要ミーティング(幹部・管理職・全体会議)と個別面談を通じて、スタッフを育成しながら目標達成に向けた動きを創り出していくことです。

どのくらいの距離で関わったらいいのか確認しながら進めていきますので、もっと積極的に関わってほしい場合や、必要以上にスタッフと関わってほしくない場合(組織運営は自分でやるタイプの経営者)など、局面に応じて使い分けてください。

お問い合わせ

未来組織図

近未来の組織図を描き、その実現を通して組織に変化と刺激を与えていきます。

変化に対して動きが鈍くなった組織を活性化するには、スタッフの教育プラス組織機能の変更です。具体的に組織が変わると、変化に対する受容性が高まります。

スタッフや管理職の育成も踏まえた近未来の組織づくりが必要な局面では、「未来組織図」を提言します。(経営者へのヒアリングにより、当社で作成いたします)

生産性を上げる業務フロー図

業務フローを「見える化」することにより、各スタッフがどのプロセスを担当し、前後にどのような工程を経て仕事が完成しているのかを客観的に把握できるようになります。

また、ボトルネック工程の把握にも極めて有効です。

生産性を高めるためには、ボトルネックの解消が必要ですが、そのためには工程全体を俯瞰して最適化を図る必要があります。

この考え方は、製造業のみならず、流通やシステム開発などあらゆる分野に応用できます

成果を上げる人員配置図

人員配置や工場レイアウト、事務所内レイアウトを「見える化」することにより、物理的な非効率を発見しやすくなります。

改善のプロセスの中で最も着手しやすいのが配置換えで、レイアウトを細かく変えてデータを取り、最も効率的な配置を実現することは生産性を高めるうえで効果的です。

【オプション】

必要に応じて方位学(風水)のプロの先生をお招きして、実地でレイアウトや部署配置、人員配置を診ていただきます。
(1回15,000円~)

アクションプラン

財務面での目標達成のための年間アクションプランを作成します。アクションプランの各項目を担当割りして、毎月その実績と進捗状況を確認していきます。

アクションプランはあくまでも財務目標に対して項目立てし、優先順位をつけていきます。 財務目標を浸透させるうえでも重要な位置づけのドキュメントです。

前年対比実績表

毎月の実績を前年対比(目標対比)でチェックするための表です。

チェック項目は売上や経費などの会計数値のみならず、生産に関わる各指標や営業面での指標など、ポイントを押さえた数項目に絞り、毎月の進捗確認を行います。

経営方針発表会(年1回実施)

年1回の経営方針発表会を実行支援します。前年実績をスタッフ全員に報告し、会社方針と期の目標をトップから直接発信することは極めて重要です。

経営方針発表会に向けた資料作成や進行については完全サポートします。

定例会議レポート

意見の出やすい会議進行をサポートします。経営幹部会議、管理職会議、部署会議、全体会議など、必要に応じた範囲の会議を定例化します。

議事録の作成については貴社のスタッフに指導し、数か月でノウハウを移転します。定例会議は、議事録をもとに前回会議の確認からスタートし、実績報告、課題確認、対応協議と進めていきます。

毎月レポートが蓄積されていくことで、会社の成長過程がドキュメントとして残ります。

コンサルティング契約の目安

1年間の年間契約が基本となりますが、途中解約可能です。

スタッフ数 コンサルティング料 内容
スタッフ15名まで 月額150,000円~ 月1回訪問+課題対応
スタッフ25名まで 月額200,000円~ 月1回訪問+課題対応
スタッフ25名まで 月額250,000円~ 月2回訪問+課題対応

内容や支援テーマにより、見積金額が上記と異なる場合があります。

お問い合わせ

オプション以外は、すべてコンサルティング契約の中で必要に応じて提案・実行していきます。