">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昔から道具を大事にしない職人に

ロクなのはいないと言いますが、

職人の世界に限らず、

商売道具を大事に扱うのは

プロとして当然のことですね。

 

私は運送屋さんに行ったら、

事務所に入る前に、

停まっているトラックがあれば

必ず傍まで行って見てみます。

トラックを大切にしている会社は、

例えばタイヤのホイールに触っても

手に油がつきません。

 

「人材育成」の第一歩は、

道具を大事に扱うことを徹底することだと思います。

「あいさつ」や「コミュニケーション能力」など、

大事なことはいくつもありますが、

プロドライバーなら最低限、

トラックを大事に想って、

丁寧に扱う姿勢が必要です。

その姿勢が、荷扱いや運転や

お客様への対応に現れるのです。

 

ドライバーが荷主のところで

どんな働きをしているのか、

いちいち見に行くわけにはいきませんが、

トラックを大事に扱うことを徹底することで、

「仕事に対する姿勢」を醸成することはできます。

 

「人材育成」で

最初に何に取り組んだら良いか迷ったら、

まずは道具を大切にすることを徹底的に

やることをお勧めしています。

すべての業界で通用することかも知れませんね。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細