">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日から、東京まで車で来ています。

移動距離の長い予定を、この1週間に詰め込みました。

 

今週はいろんな乗り物に乗りました。

富山から出雲まで「特急サンダーバード」、東海道新幹線、伯備線の「特急いずも」

出雲大社まで一畑電車。

島根から香川まで「特急いずも」、瀬戸大橋線の「マリンライナー」

高松市内では琴平電鉄。

香川から徳島まで高徳線の「特急うずしお」、そこから阿南まで「特急むろと」

阿南から大阪まで海部観光の高速バス「マイエクスプレス」

大阪から金沢までJR西日本の高速バス「青春ドリーム号」

金沢から地鉄バスと高山線を乗り継いで越中八尾まで。

 

仕事柄、というか興味もあって、

そこで働く人たちのことをよく見ています。

鉄道員や乗務員には、安全運行という

極めて重要な責務がありますが、

プラスアルファで今の時代は、

ホスピタリティマインドが求められます。

 

製造業のサービス産業化というキーワードは

お聞きになったことがあるかと思います。

GDPに占める製造業の割合が低下し、

サービス業の比率は7割を超えて増加中です。

これからは、すべての業種が「サービス業」としての側面を

しっかりと認識して事業展開していかないと、

顧客から見放されてしまうのです。

さすがに駅員や乗務員の対応は、どこでも気持ちのいいものでした。

 

もうひとつ、地方の鉄道会社で働く人たちを見て思ったのが、

「多能工化」です。これもキーワードのひとつだと思います。

ひとり何役もやって電車が運行されているのを見て、

「運転士は運転だけやればいい」

という考えでは立ち行かないのだなと感じました。

これも製造業の製造ラインの工夫から生まれた発想ですが、

最近は建設業でも、多能工化により外注比率を下げて

収益を確保するのが定石となりました。

これも、あらゆる業種で必要な取り組みになっています。

 

サービス産業化と多能工化。

ひとつの流れとして、すべての業種、会社にとって

こうした方向性が必要とされていることを

様々な場面で感じた1週間でした。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細