">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

バスやトラックのドライバーは、

よく縁起を担ぎます。

私が尊敬していたバスドライバーの先輩は、

乗務の時、ピカピカの革靴と真っ白な手袋

にこだわっていました。

別の先輩は、

よく掃除を怠りがちな運転席の後ろに

ホコリやゴミがないことにこだわっていました。

人それぞれ、いろんな縁起の担ぎ方があります。

 

「縁起を担ぐ」というと、

何か人知を超えたものに頼るよう

に聞こえるかも知れませんが、

自分自身が高いパフォーマンスを

生み出せる環境や状態を、

自分の習慣力で創り出すことだと思うのです。

例えば、イチロー選手がバッターボックスで

必ず取る行動のように。

 

気付けば、私自身もいろんな場面で

縁起を担いでいます。

自分に起こることは、

自分に責任がなさそうなことであっても、

すべて自分が引き寄せたと考えて、

悪いことならできるだけ防ぐ、避ける。

できるだけ「いい状況」を引き寄せるように、

細部に気を配る。

運転だけでなく、

仕事や人生全般について同じことが言えますね。

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細