">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

事業には、上り坂の時、下り坂の時、

凪(なぎ)のような状態の時の、

3パターンの状況があります。

 

資金繰りに関する問題が起こるのは、

下り坂の時ばかりではなく、

上り坂の時にすでにその種は潜んでいます。

中小企業経営者の多くが、

売上さえ拡大すれば、

資金繰りは何とかなると信じています。

 

20年間会社の経理を任されてきたという

プロの経理担当者でも、会社に利益さえ

出ていれば何とかなるという気持ちで、

売上拡大が資金繰りを救うと信じています。

 
現金売上が増える分には問題ありませんが、

売掛金が増えた場合、資金需要も増えます。

「入金されたら一度に返せばいい」

と思って、無計画に借入金を増やしていくと、

返したくても、返せない状況に陥ります。

 
会社は、決算書が赤字でも潰れません。

どういう時に潰れるかというと、

払うべき時に払うお金がなくて潰れるのです。

黒字でも資金が枯渇すれば、会社は潰れます。

 
事業は継続することが大事です。

継続するためには、キャッシュの流れを

絶対に途絶えさせないことです。

そこに神経を注ぐことができれば、

会社を潰すリスクは減少します。

 

上り坂や下り坂の時に、資金の流れを

上手につくりかえることのできる経営者であれば、

大きく道を外れることは避けられます。

それをサポートするために、

新たな事業を立ち上げる計画です。

 http://www.reframe-vision.com/?p=1539

 

中小企業の会計力を強化し、

経理担当者を育成する

合同会社リレーションサポート

(Relations support LLC.)

2015年1月にサービス開始の予定です。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細