">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

後継者の悩みを抱える社長さんは本当に多いです。

後を継いだけれど、「先代の社長に認められていない」

と悩んでいる後継者も、実に多いです。

同族経営の場合、ほとんどがそうです。

 

典型的な例として、創業社長がドライバー上がりで、

リーダーシップも強く、バリバリ稼いで会社を育ててきた。

二代目社長は、たいていドライバーとしての経験も浅く、

トラックの仕事に、それほど愛着があるわけでもない。

 

こんなケースでは、後継者が創業社長と同じことをやっていたら、

衰退への道をまっしぐらではないでしょうか。

創業社長だからできること、できたことは、後継者にはできません。

「後継者にしかできないこと」をやるしか、社員や取引先から認められ、

経営者として自信を持ってやっていくことはできないのです。

 

では、「後継者にしかできないこと」とは何でしょう?

それは、自分が最も愛着を持てることに、そのヒントがあるかも知れません。

先代社長ができなかった、新たな取り組みややり方を見つけ出し、

果敢にチャレンジする姿勢こそが、経営者として認められるための王道です。

 

それでも、先代社長には認めてもらえないでしょう。

でも安心してください。本気でチャレンジしている姿勢を見て、

心の中ではすでに認めています。ポーズとして認められないだけです。

そこは、わかってあげてくださいね。

 

いま、「二代目社長のための実践経営塾」という講座を、ある方と一緒に準備中です。

二代目社長の新たなチャレンジを応援するための、考え方や知識が詰まった講座です。

経営に必要な会計の知識も徹底的にやります。ご期待ください!!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細