">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

中小企業には様々な試練がありますが、

後継者問題は、中小企業の存続を左右する課題のうち

創業社長を最も悩ませる試練かも知れません。

他のことでは海千山千の強者社長も、

後継者のこととなると、心配が拭えないのでは?

 

引き継いだ後継者のほうでも、不安はいっぱいです。

創業者が歩んできた時代とは、明らかに異なる時代背景。

それなのに、組織体制やリーダー像は旧態然のままで、

求められているものと、時代背景にギャップがありすぎる・・。

 

戦後から高度経済成長、バブル期と平成不況を経て、

現在は多くの産業が、衰退期の真っただ中にあります。

多くの企業で、現在の延長線上に、未来の姿はありません。

そんな時代に経営権を引き継いだ二代目社長さんは、

何を拠り所にして経営すればいいのか、わかりません。

 

どんな時代の経営にも、指針を示してくれるものは、あります。

日本の資本主義の父と言われる実業家 渋沢栄一氏が残した著書、

『論語と算盤』(ろんごとそろばん)に示されているように、

倫理観の追求と、企業会計に熟達すること(利益の追求)の、

両輪をバランスよく高めていくことは、

どんな時代の企業経営にも、必ず指針を与えてくれます。

 

そんな深いテーマを、本気で扱ったセミナーを開催します。

『二代目社長のための 実践経営塾』

私はこのセミナーで、企業会計の講座を担当します。

私がずっとやりたかった、渾身のセミナーです。

月に1回、平日を使ってやりますので、

本気の方以外は、参加しにくいと思います。

 

10月23日(木)14:00から、無料のプレセミナーがあります。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。お待ちしています。

http://coach-n.biz/successor/

 DSC_0386

 

 

(関連記事)

二代目社長の悩み(No.060)

http://www.reframe-vision.com/?p=1174

二代目社長の悩み(№050)

http://www.reframe-vision.com/?p=1136

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細