">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

出雲では心温まる人たちとの出会いがありました。

車窓から宍道湖を眺めつつ、名残惜しく島根を後にし、

昨日は香川県高松市までやってきました。

今日の目的地は徳島県阿南市です。

 

高松市には「琴電」という市内電車が走っています。

長距離を移動する鉄道や航空機に対して、

その地域の中での移動を支える交通機関を「二次交通」と呼びます。

地下鉄や地方鉄道、路線バス、市内電車などです。

 

バスは線路を敷く必要がないので、鉄道と比べて低コストで運用できます。

しかし土地勘のない域外の人が利用しようとするときには、

路線バスの時刻や行先を調べるのは結構大変です。

知らない土地で、路線バスを利用しようとするときのことを考えてみてください。

それに比べ、市内電車で行けるところに行くのはあまりストレスがありません。

地図に路線や駅が書いてあるというだけで安心します。

 

路線バスにもこの安心感があったらいいのにと、いつも思います。

たいてい駅前からいくつもの路線が出ていて、

自分の行きたいバス停を経由するバスに間違えずに乗るだけでも、

慣れない人にとっては大冒険かも知れません。

 

ホームページの使い勝手もバス会社によってずいぶん違います。

域外の人が目的地に行く場合、バス停の名前はわかりません。

それでも短時間で乗るバスがわかるホームページもあれば、

まったくわからず諦めるしかないようなケースもあります。

 

はじめて利用する人にとっては、鉄道に比べて利用しにくいわけですから、

その点をカバーする努力が、路線バス会社には必要なはずです。

せめて、ホームページの使い勝手は顧客目線であってほしいな、と思いますし、

サービス業としての基本的な「おもてなし」を備える必要があると思います。

まだまだ改善の余地の大きな業界ですね。やりたいことが山積みです。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細