">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

「若手のドライバーは、お金より休みで

なかなか動いてくれない」

運送業の経営者の悩みのひとつです。

 

社長や運行管理者というだけで、

言うことを聞いてくれる時代は終わりました。

飢えることが難しいくらい豊かな社会です。

人が動くときの「動機」も変化しています。

 

体育会系で叩き上げの役職者が、

若手ドライバーの対応に頭を悩ませているのは、

自分と同じ動機では、動いてくれないからです。

「お金」で動かそうとしても、利きません。

では、何で動いてくれるのか?

 

それは、社長や運行管理者という役職ではなく、

個人の、人間としての魅力であると思います。

ドライバー不足の中、意欲ある若手が集まる

運送事業者もあります。

そんな会社は、社長が魅力的です。

「この人のためなら頑張ろう」

と人に思わせてしまうオーラを持っています。

 

人としての魅力は、日々の心掛けの積み重ね

から生まれます。つまり、「あり方」です。

社長自身が魅力的になることが、

最高の従業員教育であり、組織強化です。

自身の魅力に磨きをかけることが、

中小企業の社長の最大の仕事なのかも知れません。

 

20140226_121528

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細