">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

『~誰かがこれを やらねばならぬ

期待の人が 俺たちならば~』

宇宙戦艦ヤマトの歌の2題目の歌詞ですが、

そんな気持ちです、抜き差しならない状況の

企業に係わる仕事は。

 

事業継続が困難で、

借金を返していく事も、

非常に難しい状況に置かれた事業に

親身になって関わっていくのは、

正直しんどいです。

 

私にしたら、一番手間と時間がかかり、

精神的にも追い込まれる仕事です。

前向きな経営改善の仕事と比べたら、

経営者とのコミュニケーションにも

倍以上の時間がかかりますし、

複数の債権者と直接会うこともあります。

 

しかしこれは、私にとって必要な仕事です。

「創業」や「事業承継」だけでなく、

「出口戦略」にも詳しくなることで、

企業のどのライフステージにも関わることが

できるようになります。

 

私は、専門分野を「運送業」という業種に

絞っていますので、

「運送業」のことに関しては一通りの対応が

できないとなりません。

なので、重くて効率の悪い仕事でも、

積極的にやり、対応力を高めたいのです。

 

精神的にシビアな仕事に取り組むときの

テーマ曲は、昔から宇宙戦艦ヤマトです。

 

この曲が流れると、

上辺だけの仕事はできません。

「本当に経営者のためになっているか?」

と、何度でも問い直し、

職業人としての自分のあり方を正します。

気持ちは追い込まれるけれど、

とてもやりがいのある仕事です。

 

DSC_0337

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細