">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

その時々の緊急対応に追われて、

先延ばしにしてきた仕事が、年末も

押し迫り、いよいよ言い訳のできない

状況になってきました。焦ります。

 

ある本に、「焦り」の感情について

次のように書かれていました。

『焦る人は、先送りしているようで

ありながら、期限が迫るにつれて、

その仕事に対するエネルギーを

高めている』と。

 

理想の状態は、すぐやること、

期限より早くに仕上げることです。

これに異論のある人はいないと

思います。

 

それでも仕事を先送りしてしまうのは、

自己管理に問題があるわけですが、

『期限が迫るにつれてエネルギーを

高めている』というのは、逆の発想で

いい捉え方だなと思います。

 

もちろん、基本は「すぐやる」こと、

期限より早く仕上げることを目指しますが、

期限が迫っても手をつけられていない

仕事に対しては、「焦り」ではなく、

「情熱を溜めている」と思うことにしました。

 

それでも先送りのツケは、いつか

払わなければなりません・・・

今は時間に追われてみっともない

ビジネスライフを送っていますが、

いつでも時間に余裕があるような、

格好いいビジネスマンを目指して、

精進したいと思います。

 

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細