">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日は黒部市、入善町、朝日町の3市町で、広域防災訓練が行われました。

自治体、警察、消防、自衛隊、企業や地域住民などが参加し、

「密接に連携を取りながら、大規模災害時の、実践的で広域的な応急活動の訓練を行う」

と実施目的にありました。

 

 DSC_0172 DSC_0180

DSC_0184 DSC_0206

消防や自衛隊の優れた「現場力」は十分発揮されていましたが、

「危機管理」に対するビジョンは、全く見えてこない訓練のように感じました。

 

というのも、大規模災害の影響を最小限に抑えようとしたら、

日常からの地域のコミュニティの強化や、地域と救助活動主体との連携、

または地域同士の連携といった観点は、抜きにはできないはずです。

 

この訓練には、富山県トラック協会や、大手運送会社も参加しています。

他にも数多くの民間企業、団体を巻き込んでいますが、

それらとの連携には、全く触れられていなかった訓練だったことに、

何とも言えない違和感と、縦割り行政的な残念さを感じてしまいました。

 

実施目的が「災害時の短期的な救援訓練を、各部門が行う」ならば、

納得のいく内容だったのですが、「大規模災害」を想定した「密接な連携」を訓練するには、

もうちょっと綿密な仕掛けや準備をしないと、非常にもったいなかったなと思います。

消防や自衛隊のパフォーマンスとしては申し分のないイベントでしたが。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細