">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

土木工事の最前線、水谷平を見てきました。

富山県は自然災害の少ない県と言われていますが、

それは土木関係者の命懸けの工事によって護られています。

かつて富山県は、3000m級の山々から流れ出る急流河川の、

度重なる甚大な水害に悩まされてきました。

 

石川県とはもともと同じ県でしたが、治水を求める富山側と、

道路建設を求める石川側で折り合いがつかず、紛糾の末、

分県で誕生したのが富山県です。

県費の9割を治水に充てていた時期もあったと言います。

 

中でも、常願寺川上流域の立山カルデラ砂防工事は、

富山で暮らす私たちの生活を、直接的に護っていると言えます。

山崩れでカルデラに堆積した、4億立米の土砂が流出すれば、

富山平野は平均2mの土石流に埋まると言われています。

それを食い止めているのが、砂防ダムをはじめとする、

立山カルデラの国直轄の公共工事です。

 

 DSC_0297 DSC_0332

 

工事関係者の話では、近年、土建会社の相次ぐ廃業で、

予定価格も合わず、受け手がいない公共工事も頻出し、

今年は3本の工事が、入札不調で未実施だったそうです。

落札しても、工事に必要な台数のコンクリートミキサー車が

調達できなかったり、実際に工事をする人間がいなかったりと、

課題は山積みだそうです。

 

工事関係者が最も心を痛める課題は、技術の継承です。

土木の分野で働く人が減り、現場経験のある人が少なくなって、

このままでは土木技術のレベルが保てないと言っていました。

技術革新により、工事はとても便利にはなっていますが、

例えば重機やクレーンなどの無人化技術も、

実機での経験があるから遠隔操縦ができるわけで、

初心者でもできるというわけではないようです。

 

土建会社というと、公共工事頼みで、談合や賄賂など、

マスコミからは、経営努力が足りない会社のようなイメージで

伝えられているかも知れませんが、現場で実作業をするのは、

技師などの技術屋と、「ものづくり」を生業にする人達の集団です。

その「現場力」が落ちれば、

ゆくゆくは、国土そのものが弱体化するような問題です。

 

私は、中小企業診断士として専門分野を絞る時に、

得意分野の「運送業」に加えて、「産廃」と「土建」を加えました。

ダンプやミキサー車や重機が活躍する土木建設の分野も、

疑うことなく私の守備範囲です。

土建会社を経営面で支援することを通して、

土木技術の継承や、私たちの生活を護る土木分野の人材育成に、

間接的ではありますが、役に立つことができたらと思っています。

昨日は、カルデラや河川の工事に直接携わっている関係者に会い、

工事にかける情熱に触れて、その想いをさらに強固にする1日でした。

 

DSC_0335 DSC_0344 DSC_0263

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細