">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

「常日頃から社員には、会社

ではなく、自分のことを第一に

考えるように言っております。」

「まずは自分がよくなること。

そうなれば仕事も頑張れるよう

になり、結果的に会社もよい

方向に進むわけです。」

 

先日、北日本新聞の対談記事で、

産業廃棄物処理の(株)アイザック

石崎社長が仰っていた言葉です。

とても愛のある言葉だなと思って、

感動しました。

 

社員が「利己主義」に走るのは、

もしかしたら経営者の姿勢が、

そうさせているのかも知れません。

「会社のために自主的に働く社員に

なってほしい」というのが、社長の

利己心に基づくものだとしたら、

それを映す鏡である社員は、当然

利己的な働き方をするわけです。

 

利己主義の対極にある「利他」は、

「自利利他」というのが元の言葉で、

自らが体得して受け取ることが、

他を利するに先んずるという解釈

があります。

 

「会社ではなく、自分を第一に」

という姿勢は、自利利他に通じて

いるのだろうなと得心しました。

 

石崎社長は、グループ5社を擁する

社長でありながら、全社員を少人数

のグループに分けて、食事をしながら

直接意見を交わす機会を設けています。

 

コミュニケーションに気を配り、

社員に「会社ではなく、自分を第一に」

と言えるなんて、素晴らしい社長だなと

思います。懐の大きさを感じます。

業績を大きく伸ばした社長の姿勢には、

中小零細企業が真に見習うべき要素が

息づいていると感じました。

 

izak

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細