">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

先日、女性管理職に関する「帝国データバンク」の調査結果が報道されました。

調査対象約1万社の合計で、女性管理職の割合は6.2%。

「管理職は全員男性」という会社が51%だったそうです。

「今後増える」と答えた企業は少なく、政府目標の30%の達成のためには、

女性が働きやすい職場環境の整備が必要ですね、というニュースです。

 

私が主に関わっている運送業や産廃業、土建業は、管理職どころか、

女性の就業率自体が極めて低い業種です。

事務の人は女性でも、現場は男性が圧倒的に多く、「男の職場」そのものです。

仕事自体が荒々しいということもありますし、「3K」はいまだに健在です。

女性の就業率が高い商業やサービス業とは、労働環境が全く違います。

 

労働人口の今後の推移を論じるまでもなく、あらゆる業種において

女性や高齢者が働きやすい環境でないと、社業を維持できない社会構造になってきています。

特に私の専門分野とする業種では、若者の車離れや機械離れも影響し、

人材確保の困難性は増すばかりだと考えられます。

 

これからは、女性や高齢者にとっていかに働きやすい環境を整備できるかが

会社の存続にも係わってくる時代です。

技術の進展で、「3K(きつい・きたない・危険)」も次第に緩和されてきています。

女性ドライバーもずいぶん増えましたが、

それでもまだまだ社内体制が未整備の会社も多く、定着率が低いのが現実です。

 

女性ドライバーやスタッフの採用・育成は、

単に雇用するというだけでなく、社内体制の整備がポイントです。

今後は、会社存続の成否を握るくらい大切なことだと捉えて、

積極的に取り組むべきことのひとつだと思います。

現在、「女性ドライバー採用・育成のための環境整備チェックリスト」を作成中です。

運送業の経営支援メニューのひとつに加えたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細