">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

好きなことを仕事にできたらいいと、

多くの人が思っています。

私もずっとそのように思ってきました。

私は、バスやトラックが好きだったのですが、

それは趣味の範疇のことでした。

 

23歳の時に大型免許とトレーラーの免許を取りました。

バスの免許(大型二種)を取った直後に、

観光バス会社の社長から声をかけていただき、

はじめてドライバーとして働きました。

それまでも、アルバイトで運送の仕事をしてきましたので、

運転が好きなのは、自分でもわかっていました。

 

ネックになっていたのは、

「好きなことは、仕事にしない方がいい」

という、昔父親から言われていた言葉で、

父はそのように生きました。

なので、運転の仕事に自分で許可が出せずにいたのです。

 

「好きなことを仕事にしたい」

という感情との狭間で、ずっと遠回りをしてきました。

その遠回りのうち、ドライバーと一番離れていると思うのが、

中小企業診断士資格への挑戦です。

いまは、その一番離れたもの同士が結びつく仕事をしています。

 

若いときから職業ドライバーとして働いてきたという

同年代の人たちの話を聞いていると、ストレートで

うらやましくもありますが、遠回りのおかげで、

より自分らしい仕事ができているとも思います。

 

運送業に特化した中小企業診断士というのは、

天職だと思います。

少ないながらも同業者は何人かいますが、

バス乗務の経験がある中小企業診断士は、

たぶん私一人だけでしょう。

運送屋の社長さんとのコミュニケーションに、

とても大きな影響力を実感しています。

そうした尖ったところを磨いていくと、

好きなことが仕事になりやすいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細