">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

バス・トラックの会社を専門分野として、

経営改善や業務改善のお手伝いをしていますが、

かねてから海運会社にも興味関心があり、

東京の運輸政策研究機構に行った際など、

積極的に海運に関する資料も集めていました。

 

海運会社と言っても、

私が仕事で係わりたいと思っているのは、

商船三井や川崎汽船、日本郵船など、

外航海運を手掛ける大会社ではなく、

内航海運を専門とする中小企業です。

 

徳島県の地元金融機関の方から、

「海運を専門分野にしている人はなかなか

いないので、ぜひやってほしい」

と言われ、この分野にも

本格的に取り組むことを約束しました。

これから猛勉強します。

 

経営課題のいくつかは陸運と共通で、

運賃の頭打ち、燃料費の高騰、人材不足

そして中長期の傭船契約とスポット傭船が

あることなど、トラック運送業と似ています。

 

経営改善で取られる手段も、

ある程度、限定的であり、

それほど工夫の余地が

残されているわけではありません。

この点もトラック運送業とよく似ています。

陸運との協働が欠かせない点で、

私の守備範囲と言えます。

 

しかし海運特有の事情もあるようです。

それは地域によっても異なり、

どこの海を舞台に活躍する海運会社か

によっても事情が異なるようです。

 

また、海運会社の人と話をするなら、

最低限の専門用語の知識も必要です。

好きな分野なので、本格的に情報収集し、

次に徳島に行くときには、海運会社にも

対応できるスキルを身につけていたいと思います。

やることが山積みになって出張から戻りました。

DSC_0296

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細