">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

自分が本当に納得のできる仕事、

大好きな仕事をするようになってから、

モノを丁寧に扱うようになったと思います。

車やパソコンなど、身の回りのもの全てです。

 

日頃、運送屋さんに行くことが多いので、

車はできるだけマメに洗車しています。

先月、自家用車は18万キロを超えました。

だいぶ痛んできてはいますが、まだまだ使えます。

 

パソコンも、以前は消耗品くらいにしか考えていませんでしたが、

できるだけ長く使えるように、気を配るようになりました。

 

どんなきっかけで変わったかというと、

バスドライバーの愛車精神に学んだところが大きいです。

観光バスのドライバーは、自分の担当車はもちろん、

会社のバスを本当に大事に、丁寧に扱っています。

ベテランの人ほど、その傾向は強いと思います。

 

丁寧に扱うということは、気持ちの問題だけでなく、

スキルの問題もあるのだと思います。

丁寧な運転、丁寧な洗車は、気持ちもあるけれど、技術です。

いい技術を習慣にすることができれば、気持ちは後からでもついてきます。

「形から入る」ということですね。

 

運送屋さんが、未経験者の新入社員に、

いちばんに徹底して教えなければならないのは、

車を丁寧に扱うスキルだと思います。

車を大事にする気持ちがあれば、運転や荷扱いも丁寧になります。

愛車精神は、トラック・バスの仕事にもっとも欠かせない資質だと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細