">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

子どもたちの夏休みも半分が過ぎました。

明日から盆入りの会社も多いのでは?

8月と2月は商売にとってはあまり好ましい月ではありませんが、

それは稼働日が少ないからです。

「月の売上=稼働日×1日の売上」になっている業種では、

盆休みのある8月や日数の少ない2月は売上が減ります。

 

業種によっては、いちばん暑い8月と寒い2月は、

需要が伸びない月として売上が落ちるということもありますし、

昔から売上が減る月と言われていること自体が、

気持ち的に需要を抑えてしまう面もあると思います。

 

運送業でも、盆休み中は市場や工場がお休みでモノが動かないので、

水揚げが減った分、翌月の支払いがきつくなるなんて話を耳にします。

(運送屋さんは売上のことを「水揚げ」と言う社長さんが多いのです)

「備え」がないと、9月を乗り切れなくなるというわけです。

 

小学生のころ、8月も切羽詰った29日くらいから

ようやっと宿題をはじめていた私が言うのもなんですが、

はじめから分かっている事に計画的に対応できていないことが、

世の中とても多いように思うのです。

夏休みの宿題くらいなら、ひどい目にあってもたいしたことはありません。

会社が計画的に対応できないと、予定外の借入金が増えることになります。

 

盆休みで仕事が一段落しますので、

普段からの「備え」をチェックする時間を取りたいと思います。

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細