">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

起業した仲間と話していると、

時流が大きく変わったこと、

職業への対し方が二極化していること、

2015年が生き方の分水嶺になることなどが、

切々と感じ取れます。

 

「ワクワクすることをやりなさい」

というメッセージをはじめて聞いたのは、

経営コンサルタントの船井幸雄さんからで、

パシフィコ横浜での講演で聞きました。

もう20年近く前のことです。

 

その後、作家の本田健さんからも

同じメッセージを受け取りました。

ワクワクすることをするのが、

自分らしい人生を送る早道だというのは、

多くの方が言っておられます。

その通りだと思います。

 

ワクワクすることに踏み出せない理由は、

ワクワクすることが見つからない、

見つけてもそれで食えない、安定しない、

など、いろいろあると思いますが、

挑戦する人としない人の二極化は、

ますます加速すると考えられます。

 

2015年から先は、本気の時代になると

見ています。本気じゃないことは、何一つ

まかり通らなくなってくると考えます。

ワクワクすることに本気で取り組んでいる

会社や個人が、より生きやすい時代です。

 

その逆を行くような、誰もワクワクしない

仕事や会社は、淘汰されていくでしょう。

経営者にとって、どんな風に社員に接するかが

大きな違いを生むことになると思います。

 

元来、ワクワクしない仕事なんてないはずです。

少なくとも創業者がはじめた時には、

少なからずそういう気持ちがあったはずです。

その気持ちをどこまで社員と共有できるかが

問われることになると考えます。

 

経済的にはより厳しい局面を迎える予兆が

いくつもありますが、本気でやる人にとっては、

おもしろくなる環境になってきたと感じます。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細