">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

昨日は1日盆休みを取りました。

東京から親戚の人たちが富山に来ていて、一緒に楽しいひと時を過ごしました。

毎年恒例となっている行事です。

中でも、従姉の旦那さんと会うのが楽しみで、よく話が合います。

 

従姉の旦那さんは東京でロケバスのドライバーをしていて、

いつも新鮮な話題で持ち切りです。

ロケバスの仕事は、バスよりもハイヤーのようで、

乗務員というよりショーファー(おかかえ運転手)に近いかも知れません。

 

運転手という仕事ひとつとっても、様々なスタイルがあります。

同じ職種でも、前向きに楽しんでやっている人と

文句ばかりでできるだけやりたくない人とでは、

仕事の質も方向性も、稼げる金額もおのずと変わってきます。

 

「ドライバーの仕事は先がない」とよく言われますが、

ドライバーだから先がないわけではありません。

どんな職種でも、スキルを磨いて環境を変えていくことで、

稼げる金額の上限を上げていくことだってできます。

 

ロケバスの仕事は、ドライバー職の中でも変わった仕事かも知れません。

芸能界にあまり興味のない私でも、やってみたいと思ってしまいます。

話し手がその仕事を本当に好きだから、そう聞こえるのかも知れませんね。

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細