">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

6年前のリーマン・ショックの影響が、

未だに経営に影を落としている中小企業は、

かなりの数にのぼると思います。

極めて大きな影響があったことは事実です。

 

しかし、経営不振の原因のすべてが、

リーマン・ショックや、東日本大震災や、

タイの洪水であるはずがありません。

それらはすべて外部要因です。

 

外部環境ばかりに原因を求める経営者に、

「では、自社の経営のウィークポイントは?」

と聞いても、まともな答えが返ってきません。

考えていないのか、見ていないのか・・・。

(ひどい場合は、社員のせいにしたり・・・)

 

一方で、外部環境のマイナス要因をバネに、

自らを変化させることに躊躇しない経営者もいます。

中小企業の場合、ほぼ9割がたは社長の「あり方」で

会社の「あり方」が決まりますので、

究極の経営改善は、社長自身が変わることです。

 

というか、社長自身が変わらなかったら、

経営改善はあり得ないといっても過言ではありません。

なので、経営改善で本当に必要なのは、

財務改革や経営計画なんかではなくて、

社長の変化を引き出すスキルです。

「コーチング」には、その力があります。

 

財務や損益を今後どう変化させるかといった視点に加え、

社長自身が目標や目的を明確にして、行動に結び付ける取り組みを、

ビジネスコーチと協働で推進しています。

それぞれの専門分野を生かしたチームでの仕事は、

成果や、今後の可能性の広がりがとても楽しみです。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細