">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

今週は京都の舞鶴に2日間出張で行ってきました。

舞鶴若狭道路が全線開通したので車で行くことにしました。

車があったおかげで、短い空き時間に、

舞鶴港や赤レンガの倉庫群を見て回ることができました。

 

DSC_0059 DSC_0060

 

舞鶴港は行ってみたかった港のひとつです。

明治45年5月、舞鶴港を船で出発した与謝野晶子は、

シベリア鉄道経由でパリまで、14日間で到着したそうです。

 

現在は、同じ日本海側の伏木富山港から、

サンクトペテルブルグまでシベリア鉄道経由で約23日。

明治時代のほうが、海陸輸送はスピードが速かったということです。

ちなみに、船だとスエズ運河経由でサンクトペテルブルグまでは、

35日から45日かかります。

 

現在の対外物流の拠点港は、太平洋側に集中しています。

企業の出荷や受入の拠点が太平洋側に集中していることや、港湾整備の状況など、

太平洋側の発展に比べたら、日本海側の整備は遅れています。

 

しかし将来、対外物流の半分くらいは、日本海側で荷捌きする時代が来るかも知れません。

アジア経済圏という視点で考えたら、日本海側がアジア流通の拠点になるのが自然ですし、

新潟港、伏木富山港、舞鶴港などが、対アジア・ヨーロッパ物流の拠点となることで、

太平洋側の港湾で課題となっている混雑も、いくらか解消するでしょう。

 

大陸横断輸送のリードタイムの短縮化や、信頼性・安定性の課題に対しては、

日本の鉄道輸送の運行管理ノウハウが役立つでしょう。

ものづくりが海外に移転しても、日本はいろいろな面で信頼性を形にした「ノウハウ」を、

海外に輸出することで付加価値を生むことができます。

 

そんな10年後、20年後を想像しながら、舞鶴からの帰り道は、

国道27号線から夕陽の沈む若狭湾を眺め、国道8号線に入り、

運転に飽きたら高速に乗ればいいと思いつつ、

結局富山まで7時間かけて全線を下道で走ってきました。

 

DSC_0098 DSC_0097

 物流に関心があるのも、トラックやバスが大好きで、運転が好きだらか。

好きなことを起点に広がる世界は、つい考えることも大きくなってしまいますね。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細