">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

東京出張で、主目的以外にも時間を取り、

「運輸政策研究機構」の図書館に行ってきました。

同機構は、交通運輸政策の総合的な調査研究機関です。

ふだん触れることのない情報のほんの一部に触れ、

本当に勉強不足であることを、改めて実感しました。

 

中小運送業の経営支援を仕事の中心にしていますが、

今後も交通・運輸分野を専門分野としていくことを考えたら、

経営面での知識以外にも、政策面の知識や海外事例など、

グローバルな視野を意識する必要があると感じます。

 

独立したての頃、ある中小企業診断士から、

「地方で仕事をするのに、そんなに狭い分野に絞ったら

仕事にならない」と言われました。

しかし、中小零細企業はターゲットを絞って、ニッチな分野で

トップの実績を上げるしか生きる道がないことは、

どの経営の教科書にも書いてある基本的なことです。

 

現在、ご依頼いただくお仕事の中には、

専門分野以外の業種も多くありますが、

あまり離れた業種は、自信がないので

丁重にお断りし、別の方をご紹介します。

一方で、運輸関係、産業廃棄物、土木建設の分野では、

あらゆるケースにも対応できるように、

常に能力を磨いていきたいと考えています。

 

現在は、運送事業者というとバス・トラック事業者が

中心ですが、ゆくゆくは、海運会社や地方鉄道なども、

守備範囲に加えていきたいと思っています。

そうなると、関連法体系や先進事例など、

身に着けなければならない知識は圧倒的に増えます。

当然ですが、そのすべてを知ることはできません。

 

ですので、どこにその情報があるのかを知ることが、

とても重要なことだと思います。

ある程度はインターネットがカバーしていますが、

専門的なことは、やはり専門図書館の司書に聞くのが

一番早いです。知識の倉庫として、また私自身の視野を

広げてくれる場所として、こうした専門図書館を、

今後活用していきたいと思います。

 1970685_678780345551098_5985836495756454555_n

10675720_678780358884430_7002109268735763927_n

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細