">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

ドライバーの仕事は、不規則で運動不足になりがちです。

定期的に運動の時間を取ることが、なかなかできません。

 

バスに乗務していたころ、旅先のホテルなどで、

欠かさず体力作りをしている先輩ドライバーがいました。

「すごいなあ」「いつもやってるのかな」と思っていましたが、

他の先輩に聞くと、いつも必ずしているそうです。

本人は謙遜して、「できる時だけだよ」と言っていましたが。

 

先日、運送会社の社長と話していたら、

盆明け初日の仕事で、熱中症で倒れたドライバーがいて、

本人の入院に加えて、代替ドライバーの手配やら荷主への対応やらで

大変だったという話を聞きました。

夏は、自分への水分補給や塩分補給も含めて、

体調管理に気を配る必要があります。

 

健康管理は、ドライバーにとって(というか、全ての職業人にとって)、義務です。

体調の悪い時は、事前に申告することも責任のひとつです。

健康な体で、毎日出勤するという、職業人としての義務をおろそかにして、

何かがあった時に権利ばかりを主張するのは、筋違いです。

仕事に影響しない私生活を送ることも、プロとしては当然のことです。

 

寝不足や飲酒は、すぐに翌日影響が出る問題ですが、

運動不足はすぐには影響が出ません。

しかし長期的には、大きく影響する結果にもなりかねません。

そう考えると、定期的な運動を含めて長期の健康管理をすることも、

プロとして必然的にやるべきことなのかも知れません。

 

という私も、最近かなり運動不足です。

ドライバーに比べて、自由になる時間が多いにも関わらず、

定期的な運動がなかなかできていません。

どうしても、目の前の仕事が優先になってしまいます。

そんな生活を見直し、意識的に運動の時間を入れていこうと思います。

プロの職業人として、もっと長期の視点を持って仕事をしなければ、と思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細