">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

企業研修のスタイルが変わりました。

 

企業の経営者や経営幹部が思い描いている、

「ありたい姿」を実現するための支援のひとつが

企業研修です。

 

そのためには、「ありたい姿」が明確になっていて、

それをいつでも自覚している状態を創る必要が

あります。

 

経営者として「ありたい姿」

課長や部長として「ありたい姿」

営業マンとして「ありたい姿」

現場担当者として「ありたい姿」・・・

 

各個人が、それぞれのポジションで「ありたい姿」

に向かっていった結果が、経営者が考える会社

としての「ありたい姿」を実現する方向であったら、

とても理想的だと思います。

 

「そんなの無理、理想だよ」

と言われそうですが、その理想に少しでも近づける

お手伝いをするのが企業支援の仕事です。

 

「ありたい姿」は、「あるべき姿」と、言葉は似て

いますが、意味は全然違います。

「ありたい姿」は、自発的・内発的な動機で実現

したい未来です。

 

「ありたい姿」が、「あるべき姿」に言い換えられて

しまっているケースがありました。すぐにお伝えして、

「ありたい姿」という言葉を使っていただくように訂正

させていただきました。

 

「ありたい姿」というのは、コーチングの中で出てきた

言葉です。企業研修に入った先で、「ありたい姿」

が合言葉になるような、そんな雰囲気を創れたら

と思っています。

 

「ありたい姿」というのは、言葉を変えると、「夢」です。

夢のある人生を送る支援をすることが、私の夢です。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細