">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

不安と向き合うことがあります。

常に前向きな姿勢でありたいと思いますが、

いろいろなことが裏目に出て、自信を失くす

ときがあります。

 

先週の日曜日、佐藤政樹さんの講演を聴き、

いくつか印象に残ったお話しがあったのですが、

その中で「型」の大切さの話がありました。

 

「プロの型」を体得した人は、調子のいい時も、

不調の時でも、成果にブレがないという話です。

 

不調の時、自信を失くした時にも、仕事の成果

は落とすわけにはいきません。

それには、「型」の体得が絶対に欠かせないと

改めて実感しています。

 

基本に忠実に、繰り返し実践することでしか、

「型」は体得できません。ふだんから大切に

している仕事の基本をもう一度見直し、忠実

に実践していきたいと思います。

 

そしてもうひとつ、「型」について佐藤政樹さん

がお話ししていたことは、「調子のいい時こそ、

忠実に型通りにやる」ということです。

 

調子のいい時に、勢いづいて型から外れると、

失敗の原因になるということです。

 

不調で自信を持てない不安な時期のあとは、

大抵、調子が良くてうまくいく時期が来るので、

その時に、この言葉を思い出せるようにしたい

と思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細