">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

挑戦を阻む感情のひとつに、「怖れ」

の感情があります。

「怖れ」があるから慎重になれる面も

あるので、まったく怖れのない状態も

危険だとは思いますが、「怖れ」の

あまり行動が極端に制約されるのは、

もったいないと感じます。

 

私も、「期待通りの成果が上がらなかったら

どうしよう」という日常的な怖れからはじまり、

大小様々な「怖れ」を抱えています。

 

独立してからの成果は、その「怖れ」を

ひとつずつ、「できる」という確信に変えて

いけたことです。完全に「怖れ」のない

状態にはなりませんが、行動を制約する

ものは、少しずつ拭い去っています。

 

ところで、中小企業経営者の中には、

「怖れ」のあまり、本当にやりたかった

ことができないケースや、ありたい姿の

会社が実現できていないケースが多く

あると思います。

社員がいれば、社員とその社員の家族にも

責任がありますので、軽率なことはできない

かも知れませんが、もう少し「怖れ」から

自由になれたら、もっと可能性が広がると

感じることがあります。

 

そのことを伝えるためにも、自分自身が

「怖れ」から行動を制約される状況に

ならないようにしようと思っています。

いつでも挑戦している自分であることは、

この仕事を続けていく上でとても大切な

経営資源だと思っています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細