">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

先日、お客様の工程流れ図を作成する機会が

ありました。同じ要領で自分の仕事の流れ図

を作成してみると、いつもどこで予定通りに

いかなくなるのか、どこに一番時間がかかり、

ボトルネックになっているのかが明確になり

ました。

 

図で示してみると、ミスが起こる原因が何か

もよくわかります。「見える化」の効果です。

自分が効果を実感していると、お客様への

説得力が違ってきます。

 

私の仕事の場合、製造工程のように、明確に

工程が区分されているわけではないのですが、

業務の流れはフロー図にして表せます。

 

それぞれの工程での問題点を明確にすること

で、何を改善するとどうなるのかの相関関係

も見えてきます。ミスの多くは工程と工程の

間で起こります。見えるとかなり効果的です。

 

「話が見えない」とか「話が見えてきた」

という言い方をする時がありますが、本当に

図にして見えるようにすると、「話が見える」

ようになるということが、実感できます。

 

お客様との対話から、図を作って整理する

というスキルを磨いていこうと思います。

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細