">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

先月末に、馬場真一コーチの講演を聴きました。

 

『ゴール設定が正しくなされた時点で、

達成は90%約束される。』

 

『「Vision(どうなりたい)」だけでなく、

「Value(何のために)」も大切に。』

 

など、珠玉の言葉たちが、親近感を持って伝わって

くる内容でした。いい講演特有の、直後よりも時間

が経ってからのほうが、ボディブローのように効果

を実感する感覚を味わっています。

 

その中で、最も印象に残っている言葉に、

『ゴールを磨き、覚悟を磨き、

さらに行くべきところ、あるべき場所へ』

という言葉がありました。

 

『覚悟を磨く』という言葉、しびれます。

 

『あるべき場所へ』というのは、本来の自分の役割

を思い出すこと。もともと最初から、それを達成

する能力や、必要なものは身についているので、

そこに立ち返るということだと受け止めました。

 

『あるべき場所』に行くためには、覚悟を決めて

行かなければなりません。もしかしたら、あるべき

場所に行くよりも、今のほうが覚悟もいらないし、

楽かも知れません。

 

でも、こういう講演を聴きに行く時点で、覚悟を

決めない生き方はあり得ません。あるべき場所に、

行くしかありません。

 

そして、そうした言葉を、誰を介して受け取ったか

ということが重要だと認識した時間でもありました。

同じ言葉でも、他の人から伝えられたのでは、

おそらくここまで深く感じなかったと思います。

 

ゴールを磨き、覚悟を磨き、さらに行くべきところ、

あるべき場所に行きたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細