">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

 水素エネルギーのセミナーに参加してきました。

社会の基盤技術である発電技術が、革新の時期

を迎えていると感じます。

 

水素による発電は、燃料電池により酸素と反応

させて直接電気を取り出すため、他の発電方法

に比べて高効率だそうです。

 

例えば火力発電は、燃料を熱に変え、それから

回転運動に変え、電気を取り出しているので、

そのたびにロスが出ています。

さらに大規模な火力発電所から街に電気を運ぶ

送電において大きなロスを生じています。

 

水素による発電技術は、原料となる水素の供給

基盤が整えば、小規模な発電設備を地域や家庭

で持つなど、実用可能な段階にあります。

 

その先鋒を、自動車技術で切り拓いているトヨタ

の開発担当者の話を聞くことができました。

水素を原料に、燃料電池で発電して電気で駆動する

初の市販車トヨタミライの実車も観てきました。

 

 DSC_1069

 

トラック・バス事業者に仕事で関わる私にとって、

自動車が、次にどんな発展を遂げるのかは、極めて

関心が高いです。

 

個人的にはエンジンが好きですが、長距離輸送の

トラックは水素に変わる日が近いと感じました。

 

近距離の移動には、電気自動車が向いていますので、

将来は用途によって、エネルギーの種類が異なる

自動車社会になると予測できます。

 

それとは別の技術進展で、都市間の貨物輸送が

自動運転になるくらいの将来は、生きている間

に来る実感があります。

 

船も飛行機も自動操縦の時代です。

自動車は、交通事情が最も複雑だと言われて

いますが、自動運転技術は実用化段階です。

 

いま起きている社会変革をどう捉えるかで、未来

の見え方が変わっていきます。こうした技術進展

には、常に敏感でありたいと思っています。

 

DSC_1070

DSC_1071

DSC_1072

DSC_1073

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細