">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

私の仕事、中小企業診断士は、企業診断

をして、目標に向けた手段や、改善案を

提言しますが、これからは最小限の提言

に留めようと思います。

 

企業の現状を、純粋にフィードバックし、

次のステップは社長に決めてもらうほう

が、行動に結び付きやすいからです。

 

今までもそうしてきましたが、これから

は明確な意思をもって、そのようにしよ

うと思います。

 

注意深く会話を進めていくことで、提言

しなくても、それ以上の効果を得られる

と思います。というよりも、成果に結び

付くような、効果的な対話ができるよう

になりたいです。

 

もともと、提言することと満足度は結び

ついていないと言えます。

 

「長谷川さんでよかった」と言われる時、

「よかった」の内容は提言内容ではなく、

聴いてもらったことが「よかった」のだ

ということがわかりました。

 

提言内容が優れていなかったからかも

知れませんが、そもそも奇抜なことは

提言しませんので、提言内容の優劣が

問題なのではないと思います。

 

聴き方で、相手の行動を促せたら、理想

です。聴く態度で、話を前向きな方向に

持っていき、聴きながらいくつか質問を

することで、次の行動に結び付けられる

ような、そんな対話を目指しています。

 

これが、今後数年間の目標のひとつです。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細