">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

いい物を作れば売れるプロダクトアウトの時代

は終わり、顧客のニーズをスタート地点にした

マーケットインの考え方で、商品やサービスの

開発をしなさいと言われます。

 

しかし現実を見ると、中小企業のほとんどが、

最初はプロダクトアウトの発想で商品開発が

進んでいきます。

 

開発過程のどこかの時点で、お客様の声を聴き、

それを反映して商品改良していくことで、当初

はプロダクトアウトだった商品が、マーケット

インに変わっていきます。

 

お客様を観察する、声を聴く、これを徹底的に

実行することができれば、「いいものを作る」

にこだわったプロダクトアウトでも、商品開発

は成功します。

 

もっと極端な例もあります。

 

最初から最後まで、プロダクトアウトの発想で

作っても、マーケットニーズを外さないような

社長さんもいます。お客様の感性でものづくり

をしていると、そういう離れ業ができます。

 

そういう意味では、自分自身が最も要求の高い

お客様になるというのが、ものづくりの原点

かも知れません。

バランス感覚さえ失わなければ、それが一番

いい方法だと思います。

 

私自身も、自分が最も受けたいサービスを提供

できる自分でありたいと思い、研鑽しています。

もちろんお客様の声はしっかり聴きますが...

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細