">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

月末・月初が出張だったのでスルーして

いましたが、当社は1月末が決算なので、

7月末に上半期を終え、8月から下半期

に入りました。

 

上半期の業績は、前年比マイナスです。

この結果は、心の中を映し出しています。

 

昨年に比べ、負荷の高い仕事を選んだり、

新しい挑戦をしているので、多少は業績が

落ちても仕方ない、と思ってしまった節が

あったのだと振り返っています。

 

そんな気持ちでは、業績が落ちるのを

望んでいるようなものです。もちろん、

将来投資になるような仕事を積極的に

やっているので、単純に仕事がなくて

業績が落ちたわけではありません。

 

数字は、心のあり方の結果だと思って

います。なので、売上を上げることに

熱を入れるのではなくて、心の状態を

整えることに力を尽くしたいと思います。

 

誠心誠意の対応を継続することや、

本当のニーズに気づいて応えることで、

心の状態を高く保てると思います。

 

下半期は、その結果としての望む業績を

受け取りたいと思っています。

そういう意味で、数値目標を掲げることが、

仕事の質を高めてくれることにつながると

考えています。

 

下半期も、気を抜かずに前進したいと

思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細