">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

「経営者の役に立てるだろうか?」

「自分には何ができるだろうか?」

というところから、できることをひとつずつ

増やしていきました。

 

不思議なもので、ひとつの仕事に慣れてくると、

次の案件では、全く別の力が試されるなどして、

少しずつですが、できることが増えてきました。

 

中小企業診断士は、経営のプラス面の強化だけ

でなく、マイナス面への対応が迫られます。

プラス面の強化は、事業拡大や新事業展開です。

マイナス面の最たるものは、債務が履行不能と

なった企業のサポートです。

 

会社が潰れる原因は単純で、払わなければなら

ないお金が払えなくなるからです。主に借入金の

返済や仕入れの代金が払えなくなります。

 

そんな状況にある会社の中には、消費税の未納

や社会保険料の未納が堆積して、すごい額に

なっている会社もあります。

 

それらの債務をひとつずつ確認するところから

始めるので、とても時間がかかります。

ですが、大抵そうした対応は緊急を要します。

 

年末も差し迫った今週のはじめ、そんな案件が

舞い込んできました。とりあえず、債務不履行

になったらどうなるのか、何から手をつければ

いいのかを説明して、不安を取り除き、年越し

してもらうことにしました。

 

どうなるのかわからない不安だけでも解消し、

取られるものは取られますが、誠実に対応する

しかないとわかっただけでも、少しは安心して

もらえます。

 

企業側に立って債権者に連絡を取ったり、銀行の

会議に出席したりして、一定期間ですが経営者と

併走します。そんなことができるのも、この仕事

を選んだ者の役割です。

 

精神的にきつい仕事なので、最初の頃はプラス面

を強化する仕事を中心にやりたいと思っていまし

たが、今ではマイナス面に対応するこうした仕事

にも、愛着を感じています。

誰でもができることではないからです。

 

そして、経営者に重い決断を迫ることにもなる

私自身が、それを迫れるだけの真剣さを持って

仕事に臨んでいるかを、自問自答します。

楽しいばかりでなく、こうした重い仕事が自分

を育ててくれていると思います。

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細