">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

経営コンサルタントの役割は、

関わる企業の価値を高めることに

尽きると思います。

価値の高め方はいろいろあって、

問題点や課題の解決はそのひとつ

です。

経営課題へのアプローチの理論は、

中小企業診断士の学習過程で徹底

してやりますので、資格取得者なら

身についていると言えます。

 

しかし、その手法は、すぐに壁に

突き当たると思います。

課題対応力を高めても、関わる企業の

価値を高められるとは限らず、場合に

よっては、経営者が望まない手法で

アプローチする形になりかねません。

その結果、経営者にとっての仕事の

価値が下がったとしたら、課題解決

は誰のためだったのかと思います。

 

そのような状況を抜け出したくて

学び始めたコーチングは、方向性

を示してくれています。将来像に

フォーカスして、逆算で目標を立て

行動に落とし込むには、将来像を

より明確にするための、質問力や

対話のスキルが必要です。

 

そして何より、目標達成を支援する

者としての自己基盤を確立する=

自分自身が目標達成に真摯な姿勢で

あるという点が、とても重要だと

思います。

 

コーチングに懐疑的な方もまだまだ

多いと感じますが、私にとっては、

必要なものでした。

課題解決に比べたら、多くの時間が

かかりますが、コーチングを習得して

関わる企業の価値を上げるという

成果を出したいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細