">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

長所、好きなこと、やるとうまくいったこと、

したいことなどをみる。また、その逆の特性

をみることが、生まれ持つ使命や役割を探る

ために有効だそうです。

 

私の長所は、人当たりが柔らかいところです。

共感とか思いやりといった言葉が大好きです。

人からも、話しかけやすいとか、安心できる

とよく言われます。

 

道行く人から道を尋ねられる確率が高いので、

知らない土地でも地図を頭に入れて行動する

くらいです。

 

好きなことは、昔からバスやトラック、船が

大好きで、動かしてみたいと思っている子供

でした。今はどれも免許を取って、動かせる

状況にあります。

 

同じ乗り物でも、鉄道は、決められた通りに

レールの上を走るという点で、あまり魅力を

感じませんでしたが、電車を動かしてみたい

という思いはありました。

 

やるとうまくいったことは、仕事の面ですと、

中小企業診断士の仕事がうまくいっています。

 

私は、資格を取ってすぐに独立しましたが、

それ以前は企業支援の関係の仕事は一切した

ことがありませんでした。

 

他の人に聴くと、コンサルタント会社や銀行

で経験を積んでからとか、商工会などの支援

機関で何年か企業支援に携わってからとか、

最低でも1~2年は経験してから独立される

ようです。

 

そういう意味では、全く未経験で、独立して

から仕事を覚えて軌道に乗せたのは、うまく

いったことだと言えます。

 

その逆のこととしては、職人系の仕事に憧れ

ていながら、自分がやるとことごとくうまく

いかないので、職人向きではないと思います。

 

木材工芸の学校を卒業していますので、機械

や道具を使ってのモノづくりを勉強していた

のですが、作るのは下手でした。

 

20歳代で就いた仕事は、家具の営業でした。

25歳でトップセールスマンになりましたが、

作る仕事を選んでいたら、そのようにうまく

はいかなかったと思います。

 

憧れだったバスのドライバーもやりましたが、

正直言うと、運転はあまり上手ではありません。

運転手もどちらかと言えば職人系の仕事です。

大好きだけど、職人向きではないと感じます。

 

そんな特性を活かせる使命や役割を、言葉に

置き換えて、信条にしたいと思っています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細