">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

仕事で「保留」にしてしまうことがあります。

 

この保留、集中力を妨げる原因にもなるし、

あとになればなるほど、手数がかかります。

あとで詰まってくることも目に見えています。

 

保留にする言い訳は、いろいろあります。

一部が決まっていないから、情報が不十分、

優先順位の高いことを先にやりたいから、

まとまった時間がないと取り掛かれないから…

などなど、どれも常套句のような言い訳です。

 

「保留」の反対は、「すぐやる」ことだと思って

いました。それが、「保留」がなくならない原因

でした。昨日は、ある方のメルマガを読んで、

「保留」の反対は「決断」だということがわかり、

ちょっと意識が変わりました。

 

保留にしたことを、すぐに取り掛からなくても

いつまでにやるのかを決めることにしました。

そう思った時、電話するのを保留にしていた人

から電話がかかってきて、保留にしていたこと

がひとつ減りました。

 

期限に追われていた時に保留にしてきたことを

今、一気に片付けるタイミングかも知れません。

以後、保留をどんどん減らしていく所存です。

 

「保留なし」のすっきりした人生を送れたら、

楽しいことに、もっと集中できそうです。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細