">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

誰でも現状を大きく変えることには

不安や怖れを抱くと思います。

正しいとわかっていることでも、

変化に対しては否定的な反応をして

しまうものだと思います。

 

企業の改善には、変化を促すことが

欠かせません。変化無くして改善は

進まないからです。

その際に、ブレーキになる「変化に

対する恐れ」をどう取り除くかが、

経営改善を進める上でポイントに

なると思います。

 

トップダウンで変化を強制したり、

リーダーが蚊帳の外で、社員にだけ

変化を押し付けたりしても、うまく

いくはずがありません。

リーダー自らの変化に対する姿勢が

問われることになります。

 

そのリーダーをサポートする役割の

外部専門家であるコンサルタントも

変化に対する姿勢が強く問われます。

論理だけで助言するタイプの人と、

自らの姿勢で、あり方を示すタイプ

の人では、接し方や進め方が自ずと

異なってくるでしょう。

 

私は、自らの姿勢であり方を示せる

人になりたいと思って、研鑽を重ね

ています。

その基本となるのが、変化に前向き

である姿勢だと思っています。

 

現状に甘んじることなく、向上心を

持ち続けて、「行動に移せる人」だと

言われるようになりたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細