">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

同じ目的を持って動いている者同士が、

対立構造に陥ってしまうことがあります。

本当は、お互い会社や職場をよくしたいと

思っているのに、立場の違いが互いの理解

を阻み、心に亀裂を生むようなケースです。

 

相手の立場を理解して、お互いが良くなる

方法を見つけ出す努力ができたら理想です。

妥協点ではなく、より高い結果を生み出す、

「Win-Win」とか「第三の案」と言われる

境地を目指す努力です。

 

相互理解は、コミュニケーションの積み重ね

から生まれますから、普段から「伝えやすい」

職場環境であることは不可欠です。

そんな職場環境を作るのに、最近学び始めた

「コーチング」が極めて有効であることに、

確信があります。

 

「和を以って尊しとなす」

という日本人の古来からの精神性が

あります。対立を戒める考え方ですが、

自分の意見を曲げて相手に従うという

意味ではありません。

「十七条憲法」は話し合いを推奨して

いるので、「議論をしない」という意味

ではないはずです。

 

企業の組織改善を進めていく上で、

議論の上での対立は歓迎しつつ、

長期的には相互理解を図り、禍根を

残さない対応ができたらと考えます。

組織改善を課題とする仕事には、

「和を以って尊しとなす」を基調に

取り組みたいと考えています。

日本人らしさを引き出すことができたら、

必ずいい結果を生むと信じます。

その際に、コーチングの基本的な

考え方が、とても有効だと感じています。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細