">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

明治初期、近代日本の基礎を築いた人々の

物語が、小説「坂の上の雲」に描かれて

います。

 DSC_0121

個々の貢献が、国をも動かしてゆく様子に、

日本の現代史がはじまる躍動感を感じます。

 

「坂の上の雲」の時代は、日清・日露戦争と

大東亜戦争を経て、昭和20年の終戦まで

続き、そこで一度リセットされました

 

その後は、経済の時代と言われています。

軍に変わって企業が躍進し、高度経済成長を

支えてきました。今はまだ経済の時代が続い

ていますので、その延長線上にいます。

 

そろそろ、時代が大きな変化を遂げる時が

来ると、多くの方が言っています。

変化の直前は、前の時代が衰退期を迎えて

いますので、閉塞感が支配しています。

 

私たちは、よくもわるくも生きている時代に、

人生を大きく左右されると思います。

 

変化を遂げようとしている時代背景の中で、

自分が何にどう貢献できるのか、どんな

役割を担うことができるのかを考えたり、

話し合ったりできるというのは、この時代

に生きる私たちの大きな特権です。

 

時代を先駆けている人たちに学び、刺激を

受けるだけでなく、自分自身がそうした時代

背景の中で、次の時代を創ることに何らかの

貢献をし、少しでも役立てる、活躍できる

人材でありたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細