">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

今、大切に乗っている車は2001年

の登録なので、今年14年目です。

13年超の車には重課税が課せられ、

税率15%アップで自動車税を支払う

ことになりました。

 無題

新しいものには軽く、古いものには

重い税率をかけるという、明らかに

経済重視のこの政策は、古いものを

新しいものに買い替えさせる消費促進

の考え方に基づいていると思われます。

 

消費が経済を支えていて、その恩恵を

受けていることは確かですが、一方で

物を大切にする文化を失わせることに

つながっているのではないでしょうか。

 

環境にいい車に代替させるというのは

極めて巧妙な詭弁で、環境対策を考える

のであれば、古いものを大切に使う文化

を奨励するのが筋です。

 

古いものを排除して、消費を促すことが、

本当に国のためか?と思います。

日本が元々持っていた、物を大切にする

「文化」を失くしてはならないのではない

でしょうか。不可解な重課税です…。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

14年目で走行距離20万キロですが、

まだまだ使えます。できるだけ大切に

扱って、長く乗りたいと思っています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細