">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

野原ひでお先生の、「質問中心の研修」

とても影響されて、定期的に依頼をいただく

研修プログラムを「質問中心」スタイルに改編

しました。

 

もともと骨組みのある研修内容なのですが、

進行のベースに質問を組み込んで、考える

時間をたっぷりと取る形にしてみました。

 

先日実施したところ、2日間で12時間の研修

なのに、圧倒的に時間が足りなくて、参加者

からも「あっと言う間だった」

「もっと時間がほしかった」など、

短く感じた、という感想をいただきました。

 

今後の改善点として、もっと講師の言葉を

少なくしたいと思っています。

12時間のうち、半分くらいは喋っているので、

内容をよりシンプルにして、ほとんど喋らない

くらいの講座内容にしてみようと思います。

 

じっくりと考える時間を取り、参加者同士の

対話が新しい価値を生みだしていくプロセス

を、言葉少なくリードしていけたら最高だと

思います。

 

そのためにも、言葉が少なくても存在感のある人

にならなくてはと思います。

 

「存在感を高める」

 

私にとって新たな課題です。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細