">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

すべての事業は、勝ち負けではなく

新たな価値の創造を目指すべきです。

では、運送業にとって「新たな価値」

とは、どのようなものでしょうか?

 

運送業の仕事は、価値を高めにくい

職種であると思います。

運送の業務自体は、それ以上価値を

高めることができません。

どこの会社が運んでも、それほど大きな

差はないからです。

 

事業全体で言えば、倉庫業と組み合わせて

在庫管理を含む配送管理体制を築くとか、

顧客企業に変わって物流戦略を立案・推進

するロジスティック企業になるとか、

いろいろあります。

しかしそれは、資本力のある、ごく一部の

限られた運送会社の取り組みかも知れません。

 

ところで、どんな中小零細でも取り組める

「新たな価値を創造」がひとつあります。

それは、人材育成です。

人材育成を通して、ドライバーひとりひとり

にとって、かけがえのない会社になることや、

結束力の固い会社になることで、そこに価値

が生まれます。それが、荷主にとっての価値

も高まることにつながります。

 

人材育成により、自分の職業に誇りを持って

日々の業務に取り組める人材を育てることは、

極めて高い価値を生むと確信しています。

そして、人材育成に取り組む以上は、社長が

どのような姿勢で経営に携わっているかが、

問われます。成長意欲の高い社長のもとで、

全社員がイキイキと働く会社になることは、

最も手近な「新たな価値の創造」だと考えます。

 

20140712_094737

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細