">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

数日間、体調が万全でなかったこともあって、

普段よりペースを落として仕事をしていました。

普段、余裕なく仕事を詰め込んでいると、思い

至らないことを、たくさん考えました。

 

仕事が忙しくて余裕がなくて、いつも追われて

いる人と、ある程度の仕事はやりながら、自分

のための時間、勉強の時間、考える時間を毎日

ちゃんと取っている人では、明らかに後者の方

が将来性があります。

 

現在進行形の仕事は、期限もあるし緊急性も高く

すぐにやるべきことです。その種の仕事で100%

の時間を使ってしまっていたら、今は稼げても、

永遠にその状態から抜け出せません。

 

将来投資が足りなければ、現状を抜け出すことは

できないからです。

将来投資のための時間を、優先的に取ることを、

静かに決意しました。

 

10月末頃から、かなりのペースで仕事をこなして

いました。それはそれで、自分にとって必要だから

取り組んでいる仕事ではありますが、同時に将来を

犠牲にしないことも大事でした。

 

それに気付かせてくれたのは、体調でブレーキが

かかったことと、もうひとつは先週出張で行った

新潟の航空機部品の会社の社長の話です。

 

航空機産業は、指定工場として認証を取得するまで

は、莫大な投資を数年に渡ってし続ける必要があり

ます。3億4億の機械設備を、認証取得までの数年

稼働させずに寝かしておくような胆力がないと、

参入できません。

 

導入した設備が稼働しはじめるのに、3年とか5年

かかるというのは、中小企業にとってリスクが高く、

足踏みするのが普通です。それだけ耐えて参入した

としても、その後も幾多の困難があるわけです。

 

「投資」ってそういうことなのかと思いました。

 

すぐに結果の出る投資もありますが、本当の投資は

成果の出ない時期を耐え忍んで、徐々に成果が顕れ

てきて、でも成果が顕れてきた時には他の人が簡単

には追いつけないものだと思い知りました。

 

今、私にできる投資は、時間投資です。

今稼ぐことに集中し過ぎず、将来のために時間を

使うことです。2016年は、本気で投資する元年に

したいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細