">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

国土交通省が、自動車の保安基準を改定し、

自動車のすべてのミラーをカメラとモニター

で代用してもよいことになりました。

 

来年の6月からは、ミラーレスの車が公道を

走れるようになります。

 

バスのドライバーをしていたとき、左側の

死角をモニターに映してくれる機能のバス

に乗務することがありましたが、雨の日は

ミラー以上に効果的で非常に便利でした。

 

トラックやバスは死角が大きいので、カメラ

で補助してくれる機能は本当に有難いです。

 

将来的に自動運転社会になることを考えると、

カメラ機能向上はその前提として欠かせない

通過点になると思われます。

 

今年9月、ドイツでG7の交通大臣が集まって

車の自動運転に関する国際標準化などについて

話し合いが行われました。来年はその会議が、

日本(軽井沢)で開催されます。

 

自動運転社会の到来も、間近です。

 

私たちは、本当に速い時代の流れの中にいる

と実感します。あと10年も経てば、自動車を

人が操作する割合は圧倒的に低くなっている

と思います。船や旅客機は、既にほとんどの

運転行動がコンピュータに代行されています。

 

過去に縛られて生きていると未来が見えません

が、未来を想像して生きると、現在の中にある

未来の種にたくさん気づくようになります。

 

私は乗り物が大好きなので、乗り物たちの未来

がはっきりと想像できます。その未来が現実化

している社会を、何度も想像しています。

 

現在の中にある未来の種をふくらませること

で、次の社会は簡単に想像できます。

 

そうした変化を織り込んだ将来構想を描く

ことを、仕事の中でも生かしていけたらと

思っています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細